【被災地支援】REVIVE JAPANについて

【被災地支援】
REVIVE JAPANについて

2011年3月11日の東日本大震災の復興支援を契機にスタートした「REVIVE JAPAN基金」は、現在、プレゼントツリーの森の在る全国各地で多発する地震や豪雨災害からの 復旧~復興事業に充てられています。

皆様からお預かりした寄附金は、認定NPO法人である環境リレーションズ研究所で適正に管理し、プレゼントツリーのある被災地の支援をはじめ、植樹が必要なエリアの再生、植樹を通した交流人口増大や地域振興のために使われます。

なお、寄附金の使途については、本webサイトにてご報告いたします。

REVIVE JAPANの詳細はこちら

REVIVE JAPANへのご寄付は、
下記の方法で受け付けています。

クレジットカード決済または、銀行振込

・ 1,000円/1口~お受けしております。
・ 3,000円以上のご寄付頂いた方には、 MYページより「寄附金受領書」を発行いたします。

プレゼントツリーと一緒にお申込みする

REVIVE JAPAN付きプレゼントツリーをお申込みいただくと、寄付金額のうち500円が基金として積み立てられ、プレゼントツリーのある被災地の支援に使わせていただきます。
※「寄附金受領書」は、MYページよりダウンロードください。

7件のラインナップがございます。
  • NEW

笛吹芦川【山梨】(REVIVE JAPAN)

すずらんの里に、野鳥のさえずる水源の森づくり。

目的
水源涵養林の育成と生物多様性の保全
樹種
ブナ、ミズナラ、ヤマザクラ、キハダなど
場所
山梨県笛吹市芦川町
1本: 5,500
すずらんの里に、野鳥のさえずる水源の森づくり。
数量
  • NEW

くまもと山都【熊本】(REVIVE JAPAN)

森づくりで、豊かな生態系を育む “有機の里の棚田”を守ろう!

目的
生物多様性の保全と豊かな里山づくり
樹種
クヌギ、コナラ、イロハモミジ、ヤマザクラなど
場所
熊本県山都町
1本: 4,950
森づくりで豊かな生態系を育む
“有機の里の棚田”を守ろう!
数量

中川【北海道】(REVIVE JAPAN)

木こりがつくる、100年先の森。

目的
復興支援・水源涵養林の育成・生物多様性の保全
樹種
在来の針葉樹 又は 広葉樹
場所
北海道中川郡中川町
1本: 4,950
キコリがつくる、100年先の森。
-かつての放牧地を豊かな森に-
数量

みやぎ大崎【宮城】(REVIVE JAPAN)

森の育む水が、おいしいお米をつくる。

目的
復興支援・水源涵養林の育成、生物多様性の保全
樹種
イタヤカエデ・ミズキ ・ミズナラ・ヤマザクラ
場所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首
1本: 5,500
森の育む水が、おいしいお米をつくる
数量

笛吹みさか【山梨】(REVIVE JAPAN)

桃源郷の山麓に野鳥のさえずる里山をつくる。

目的
生物多様性豊かな里山づくり
樹種
ヤマザクラ、コブシ、コナラ、クリ
場所
山梨県笛吹市御坂町尾山
1本: 5,500
野鳥のさえずる里山づくり
数量

飛騨高山【岐阜】(REVIVE JAPAN)

飛騨高山に、水が育つ森を。

目的
東北支援・森林再生啓発・水源涵養林の育成
樹種
ミズナラ・ブナ・ヤマザクラ・ヤマグリ・ケヤキ
場所
岐阜県高山市清見町巣野俣
1本: 5,500
飛騨高山に、水が育つ森を。
数量

甲斐【山梨】(REVIVE JAPAN)

甲斐の山里に水源の森づくり。

目的
甲斐の山里に水源の森づくり。
樹種
ブナ・ケヤキ・クリ・キハダ
場所
山梨県甲斐市上芦沢平見城
1本: 5,500
甲斐の山里に、水源の森づくり
数量
     
page top