南八ヶ岳 山梨県北杜市

ヤマガラの森

ヤマガラの森

地域に根ざした、里山の保全

里山とは、集落や人里に密接した山のことをいいます。古くから薪・墨の採取や落葉による堆肥づくりなど、人々の生活と密接に関わってきました。
しかし、現在、開発や防災事業により失われつつあり、残っている地域の多くでも管理が放棄されて荒れています。
里山は、人が入りやすい森であるため、薪をとったりという経済的価値のほかに、自然を身近に親しむ場所として人々に影響を与えてきたといえます。現在、そうした価値が見直され、里山の保全活動が実施されてきています。
里山は長年人の手によってはぐくまれてきた森林であり、その状態を健康に保つためにはやはり手入れが、それも現地に密着した継続的な取り組みが必要なのです。


南八ヶ岳はヤマガラの森で遊ぶ

Present Tree in 南八ヶ岳は、里山「ヤマガラの森」へ広葉樹を植えるPresent Treeです。
ヤマガラの森は八ヶ岳の南麓、標高650メートルの、山梨県北杜市高根町にあります。周辺は田んぼや畑と里山が交互に並び、小さな里が次々と連なっている地域です。頂上に上がると、里を見下ろし、遠く南アルプスを一望するすばらしい眺望に恵まれています。
この地に植わる木に思いを馳せ、また実際に訪れて雄大な景色に囲まれた中で木に触り、Present Treeを身近に感じていただければと思います。

プロジェクト概要

目的:
里山保全対策
協定期間:
2007年4月1日~ 2017年3月31日
所在地:
山梨県北杜市高根町下黒沢向林1364番地
管理者:
環境リレーションズ研究所
地積:
0.38ha
樹種:
ソメイヨシノ、クヌギ、コナラ
  • 植栽前(2007年)
  • ヤマガラ
  • 植栽地からの風景
  • 植樹の様子
  • 植栽地の様子(2012年)
  • 植栽地の様子(2017年)
受付終了
受付終了
page top