南九州 熊本県球磨村

大切な地球へのプレゼント

南九州の植栽放棄地を自然の姿へ

南九州の植栽放棄地を自然の姿へ

知っていますか?南九州の今。
林業によって木を切った後、再植栽が行われないまま放棄されている「植栽放棄地」が広がりつつあります。本来であれば伐採後は再度植栽を行うことで末永く、持続可能な森林資源を育成し活用していくことが林業ですが、木材価格が低迷し、植栽をしたくとも資金が捻出できずに裸地のままになってしまっています。これら伐採跡地にスギ・ヒノキ等の針葉樹の再植林ではなく、九州の元々の植生であるシイやカシを植えて自然の姿へ返し、森林本来の機能を早期に復活させ、自然と人が共生する空間を取り戻す、そんな未来の為の植林プロジェクトです。

このPresent Tree in Minamikyushuでは、熊本県球磨郡球磨村と宮崎県高原町の2ヶ所で森林再生を行っています。また、球磨村では2007年5月に音楽イベント「Present Tree Live」(詳しくはこちら)の来場者約13,000人からの資金を元に、1人につき1本の樹が植えられています。同年11月に行われた実際の植栽では、ライブ来場者が参加しての植林イベントを実施しました。(その模様を映像配信しています)
滔々と流れる川が森と共にあること、或いは音楽をきっかけに本当に樹が植わることへの面白味を感じていただきたい、Present Tree in Minamikyushuです。


山々を縫う川、また音楽の力に思いを馳せ

球磨村は熊本県の南部、九州第2の河川「球磨川」中流部に位置している農業と林業が中心の村です。面積の88%が山林で村全体が山岳地帯。
村の中央には球磨川が流れ、川をはさんで北に白岩山(標高1,001m)、南に国見山(標高969m)など700m以上の山々がそびえ、これらの山岳を縫って大小無数の川が球磨川に注いでいる、そんな豊かな自然に囲まれた村です。

プロジェクト概要

目的:
植栽放棄地対策
協定期間:
2007年11月1日~ 2027年10月31日
所在地:
熊本県球磨郡球磨村大字神瀬字沢見平、大字渡丙字板崎
管理者:
球磨村森林組合
地積:
12.00ha
樹種:
シイ、カシ
  • 植栽放棄地(植栽前)
  • 球磨川
  • 植栽放棄地(植栽後)
  • 植栽地の様子(2010年)
受付終了
受付終了
page top