贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

「プレゼントツリー in 飛騨高山」申込開始!

こんにちは。プレゼントツリー事務局です。

大変お待たせいたしました本日、「プレゼントツリー in 飛騨高山」のお申込みを開始しました

2月28日(月)まだ雪の残る高山市の市庁舎で、森林整備協定調印式が行われました。関係者一同、より多くの方が飛騨高山の地に大切な水を育む森を育てるプロジェクトに賛同し、その森に想いを馳せていただくよう、心よりお願い申しあげます


(↑ 左から小林三之助商店/三輪社長様、弊NPO理事長/鈴木、高山市/國島市長様、岐阜県林政部/志村次長様)


(↑ 市長室にあった「花餅飾り」)

ちなみに・・・
「花餅飾り」は、飛騨地方の風習として昔から、小正月(旧暦の正月15日)にどの家庭でも作り飾られたものです。木枝の先に飾られた紅白の花びらはお餅でできており、生花の少ないこの地方の冬に色どりを添えていました。そして、このお餅は月遅れの雛節句(4月3日)のころに床に花餅を打ちつけて、壊れた餅を集めて油で揚げ、ひなあられにしていました。また、「花餅飾り」は、かつてこの地方の唯一の産業ともいえた農事に由来し、「五穀豊穣」・「無病息災」・「大願成就」を願い急年の感謝の気持ちを込めて、各家庭の大黒柱に飾られていました。


高山市は「飛騨の小京都」と呼ばれ、旧市街中心部には、江戸時代の城下町・商家町の趣を今に残している保存地区があります。


(↑ 伝統的建造物群保存地区)

驚くことに、商家町の家屋は今も現役で、市民の皆さんが大切にお住まいになっています。実際に使われている家屋だからこそ、手入れが行きわたり美しく保たれているのです




(↑ 町並みに合った消火器ボックス)



(↑ 観光名所: 高山陣屋)


(↑ 飛騨高山のお土産で有名な「さるぼぼ」は、実はお守り。災いが去る(猿)、家内円(猿)満になるなど、縁起の良い物とされ、 お守りとしても使われています。)

皆さまからお申込みいただくプレゼントツリーの植栽時期は、10月下旬になります。植樹体験ツアーは、10月29日(土)~30日(日)の1泊2日で予定しています。ちょうど紅葉の美しい季節。そして、山に囲まれた飛騨高山は豊かな温泉地帯でもあります。植樹と温泉と+αのお楽しみを用意しています。

ツアー詳細発表まで、乞うご期待

PT飛騨高山 — ptblog @ 2011/05/30 10:00

5月7日笛吹市「はなの森」植樹体験イベント報告

 こんにちは。プレゼントツリー事務局です。

5月7日(土)、山梨県笛吹市「はなの森」で植樹体験イベントを実施しました。

当日の参加者は総勢65名。日頃お世話になっている中央森林組合さん、やまなし森づくりコミッションさんのメンバーを合わせると、なんと90名を超える大イベントとなりました

参加者の年齢も5歳から70歳代と、世代を超えた交流が実現。植樹体験、山梨名物「ほうとう」のお昼ごはん、ヤマザクラ材でのマイ箸作りに最後は立寄り温泉と盛りだくさんのプログラムでした。以下、ツアー報告にお付き合いください



明治神宮のどんぐりを拾って苗木を育てているNPO法人響さんからは、クヌギ・コナラ合わせて200本の苗木を提供していただきました。響さんからの参加者14名は、朝6時半(!)に明治神宮の苗床に集合。みんなで苗木をバスに積込みました


(↑ 明治神宮内の苗床にて)

東京からバスで出発する参加者は31名。今回は、エコツーリズムのスペシャリスト「リボーン」とのコラボによるツアー。使用済み天ぷら油をリサイクルした「BDF(バイオディー ゼルフューエル)」で走る通称「天ぷらバス」に乗ってのツアー。エコな植樹を体験するだけでなく、交通手段もカーボンオフセットでエコなツアーです。


(↑ 天ぷらバスに積まれた苗木)



(↑ 天ぷらバスに乗り込む参加者たち)

9時45分。予定通り、笛吹市「はなの森」に到着。現地集合の参加者30名もすでに到着済み。


10時からは、オープニングセレモニー。環境リレーションズ研究所理事長/鈴木からの挨拶、中央森林組合/笹本組合長のご挨拶に続き、この日のサプライズゲスト「葉っぱのフレディ」の出演者で国際森林年こども大使の3名から、アカペラでの歌のプレゼント。素敵な歌声と笑顔で、森にさわやかな風が吹きました。


(↑ 理事長/鈴木からの開会挨拶)


(↑ 葉っぱのフレディ出演者3名から歌のプレゼント)



中央森林組合の伊藤参事から植樹の仕方をレクチャーしてもらい、いよいよ植樹体験スタート。


(↑ 中央森林組合/伊藤参事が丁寧に植樹の仕方を説明)

今回は、クヌギ・コナラ・ヤマザクラ・ヤマモミジ合わせて500本を植えました。大人も子供も夢中になって、植える、植える


(↑ 親子でいらっしゃった参加者)


(↑ リボーンのツアーディレクターにも植えていただきました)

500本の植樹は、なんと30分強であっという間に終了!さすが65名のマンパワー。


お昼は、中央森林組合に用意していただいた山梨名物「宝刀(ほうとう)」とおにぎり。汗を流した後の食事は、なんと美味しいことか


(↑ 中央森林組合さん特製ほうとう)

その後は、ヤマザクラ材をつかってマイ箸作りに挑戦。やすりなどを使って、7mm角の材料を削っていきました。これがなかなか時間のかかる作業。みんな真剣な表情で、材料と格闘していました。大人は童心に戻って、すっかり夢中に。最後は、くるみを砕いてとった油を塗って完成


(↑ 夢中になっている大人たち)


(↑ 仕上げの「くるみ」油)



全員そろって記念撮影を終えたあとは、閉会式。参加者を代表して、4組から感想をいただきました。


(↑ 参加者全員でパチリ、みんないい顔してます)

私たちスタッフが着用していたのは、「Present Tree for “REVIVE JAPAN”」のTシャツ。参加者65名から、参加費よりそれぞれ200円の寄付をいただきました。東日本大震災被災地に緑を育てるための基金につかわせていただきます。皆さま、ご協力ありがとうございました


(↑ 2011年プレゼントツリーのオフィシャルアーティストKinproさんデザインのロゴ)


バス組は、その後「ももの里温泉」へ移動。気持ちよくかいた汗をすっきり流して、帰路につきました。みなさん、本当にお疲れ様でした

そして、大勢の参加者を集めてくださった株式会社ブロードリーフ様と関係会社様には、厚く御礼申し上げます。


(↑ ももの里温泉の看板)


(↑ ももの里温泉付近から「はなの森」を見上げる)

PT山梨はなの森 — ptblog @ 2011/05/09 04:56

湘南国際村めぐりの森植樹祭に参加しました!

こんにちは。プレゼントツリー事務局です。

5月1日(日)。事務局2名で、湘南国際村めぐりの森の植樹祭に参加してきました

当日の天気予報は朝から雨。心配を胸に、都内から逗子駅に向かいました。


会場に着くと、すでに沢山の参加者が約650人が集まったそうです。

私たち環境リレーションズ研究所主催の5月7日(土)笛吹市「はなの森」植樹体験ツアーで苗木を提供していただく、NPO法人響のスタッフもボランティアで会場のお手伝いをなさっていました。



国際生態学センター長の宮脇先生から植樹の方法を説明していただき、いざ植樹。22の樹種、6200本を植えました。




私たちの植栽地には、通常1haに2500本くらいの苗木を植えますが(植栽地と樹種にもよります)、宮脇方式は1000㎡に3000本の密植でしかも混植。自然淘汰により、もっとも自然植生に近い森ができるといいます。



(↑ あっという間に植樹が終わり、あとはたっぷりの稲わらによるマルチング)



作業中は雨こそ降りませんでしたが、かなりの突風が吹いていました。作業が終わると間もなく、雨が降り出しました


苗木にとっては恵みの雨。これはひょっとして宮脇先生のパワーなのかと、すっかり感動した私たちなのでした


(↑ 少し上にある昨年の植樹場所から、今回の場所を見渡す)

PT神奈川湘南国際村めぐりの森 — ptblog @ 2011/05/06 10:28