贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

アキバグリーンフェスティバル2011 活動レポート!

 こんにちは プレゼントツリー事務局です。

8月27日(土)・28日(日)の2日間、ベルサール秋葉原のアキバグリーンフェスティバル2011「エコ縁日」に出展しました

ビルの1階はフルオープンガラス。お天気にも恵まれ、会場には心地よい風が吹いてきました。エコ縁日なだけに、冷房はちょっとね...

私たちのブースのテーマは「アキバで森のふしぎ発見!」です。おもな出しものは、「ひのきdeプール」、「サンブスギの積み木3000個で自由に遊ぶコーナー」、「なんのきクイズ」、そして「メダカのコタロー劇団」の皆さんによる環境教育のデジタル紙芝居の公演です。



ブースには、皆さんに靴を脱いで入っていただきました。木に触れる第一歩は、靴置き場の前に敷かれたヒノキ無垢材のマット。岡山県西粟倉村を拠点に、持続可能な地域再生の実現を目指し、森林価値を高める多角的な事業を展開している「トビムシ」さんにお借りしました。トビムシさんは、商品として販売しています。
http://www.nishihour.jp/wordpress/yukahari/



ブースの周りには「Present Tree for はなの森」と同じく「四季の森」の森づくり協働先、山梨県中央森林組合さん提供のスギの丸太を配して、ベンチ代わりに。来場者の憩いの場所になったかな?

それでは出しものをご紹介

まずは「ひのきdeプール」。このヒノキチップは、「Present Tree in 飛騨高山」で森の保育管理をして下さる「小林造林不動産株式会社」さんからのご提供。

エコ縁日会場にはヒノキの良い香りが漂い、多くの来場者が「気持ちいい」とおっしゃっていましたアキバにいながらにして森林浴気分!希望者には、「詰め放題」でお持ち帰りいただきました。


(首まですっぽり潜ってしまった女の子)


(おかあさんも思わずゴロリ、あ~あ癒される!)

こちらはサンブスギの積み木3000個で自由に遊ぶコーナー。 「Present Tree for さんむ日向の森」でご協力いただいている「さんむフォレスト」さんと「木と土の家」さんが貸してくださいました。ほのかに香るスギのにおいに囲まれて、温かでぬくもりを感じる積み木の感触には、なんだかほっとした気分にさせられます

子供も大人も一心不乱に作品づくりに夢中。子供の想像力ってほんとにすばらしい(^。^) 芸術的な作品がいくつもいくつも誕生しました!





それから、楽しみながら樹のお勉強。「なんのきクイズ」は、同じ種類の木のブロックと丸太を組み合わせるクイズです。今回はなんと16種類もの樹種を用意しましたよ!これも「小林造林不動産株式会社」さんからのご提供。この日のために、わざわざ用意してくださいました。




(こちらは全問正解の皆さん)


(こちらも同じく3人で力を合わせて見事全問正解)


(丸太は、ちびっこの手にかかるとこの通り立派な遊び道具に)

そしてそしてお待ちかね「メダカのコタロー劇団」のデジタル紙芝居!1日目のテーマは「間伐」、2日目は「植樹」でした。

公演が始まると、みんな真剣な表情で観ていました 登場するキャラクターに扮して、劇団の声優の卵さんたちはド派手な衣装で観客の目を楽しませていました。デジタル紙芝居が終わったあとは、じゃんけん大会とクイズの時間。出演者と同じジェスチャーをしながら、沢山の子供や大人が楽しそうに参加していました。


(こんなに沢山の人が公演に夢中。ブースの外にいる大勢の人も見入っていました。)


(メダカのコタロー劇団の皆さんと私たち)

朝早くからの会場設営や閉場後の撤去、ご来場いただいた皆さんとの触れあいにもご協力いただいたメダカのコタロー劇団の皆さん、本当にありがとうございました!!!

そして、出展用の素材を快く提供くださった協働先の皆さま、心より感謝申しあげます。




新着情報 — ptblog @ 2011/08/29 03:57

参加申込開始! 9月17日湘南国際村植樹体験&ちびっこワークショップ 

 こんにちは プレゼントツリー事務局です。

先日のブログでお知らせした、9月17日(土)の神奈川県横須賀市「湘南国際村めぐりの森」での植樹体験&ちびっこワークショップの参加申込を開始しました!


◆午前中に宮脇先生と植樹、
 午後はイラストレータkinproさんと自然をアート♪

◆先着100名、申込〆切は9月14日まで

◆持ち物等、詳細はチラシの裏側を確認ください。


下記URLから申込用紙をダウンロードして、受付窓口の”NPOレナフォ(NPOこくさいふるさとの森づくり協会)までFAXしてくださいね




▼▼▼チラシのダウンロードはこちらから。
http://www.presenttree.jp/pdf/2011_megurinomori.pdf

皆さまのご参加、お待ちしておりま~す

PT神奈川湘南国際村めぐりの森 — ptblog @ 2011/08/26 11:11

湘南国際村めぐりの森で植樹体験&ちびっこワークショップ開催!

 こんにちは プレゼントツリー事務局です。

またまた楽しいイベントのお知らせです

9月17日(土)に、神奈川県横須賀市の湘南国際村めぐりの森で、プレゼントツリーの植樹体験&ちびっこワークショップのイベントを開催します

<受付>9:00~
<植樹>10:00~12:00
<昼食>12:00~13:30 *お弁当持参でお願いします!
<ワークショップ>13:30~15:30

22の樹種の苗木3,000本を植えたあとは、プレゼントツリーのオフィシャル・アーティスト Kinproさんとこどもたち100人がみんなで力を合わせて、2つおっきな作品をつくります作品づくりは、国際村センターの大きな室内で行います。

そして、参加してくれた子どもさんは、Kinproさんとコラボのプレゼントツリーグッズのお土産がもらえます

参加する子どもさんは、必ずハサミとクレヨンを持ってきてくださいね 一緒に来てくれるパパやママも、植樹は一緒に参加しましょう

参加受付は近日中に始まりますが、予定を今から空けておいてくださいね

雨天決行で~す





PT神奈川湘南国際村めぐりの森 — ptblog @ 2011/08/23 07:21

「アキバグリーンフェスティバル2011」に出展します!

 こんにちは プレゼントツリー事務局です。

私たちは、8月27日(土)~28日(日)秋葉原で開催される「アキバグリーンフェスティバル2011」の「エコ縁日」に出展します

http://www.akiba-agf.jp/ (アキバグリーンフェスティバル公式サイト)



「エコ縁日」は、主に小学生を対象とした体験型環境教育を目的とし、私たちも「プレゼントツリーで森のふしぎ発見!」をテーマに出展します。

実際に、20種類あまりの樹皮のついた丸太や角材を触ったり、においを嗅いだり、五感をつかって樹のちがいを感じてもらう「樹種あてクイズ」コーナーや、3000個もの積み木で自由に遊んでもらうコーナー、ひのきのチップのプールなど、楽しみがいっぱい

こどもだけでなく、大人も存~分に楽しめるプログラムになっています


(参考:積み木で遊ぶ)

また、両日ともに14:00からは、声優のたまご達からなる「メダカのコタロー劇団」が、間伐や植樹をテーマにした環境教育の「デジタル紙芝居」にセリフをつけて公演します こちらも乞うご期待!

http://www.t-sp.com/kotaro/ (メダカのコタロー劇団公式サイト)

ぜひぜひ、遊びに来てくださいねお待ちしておりま~す

新着情報 — ptblog @ 2011/08/22 05:30

プロローグ:蝶さんお帰り!!

 こんにちは。熱海のフォレスタ―さとちゃんです。

 この熱海の日記では、毎月の熱海の森での作業や森の変化、また熱海の自然に関するあれこれについて書いていきますので、皆さんよろしくお願いいたします!

 今回は、プロローグ編です。
 自然のスピードは、時に予想を上回っているのかもしれません。熱海の森に蝶の故郷が戻ってきたようなのです。

ジャコウアゲハの産卵 


写真はジャコウアゲハというアゲハ蝶の仲間、止まっている草はオオバウマノスズクサという草で、蝶はこの草に産卵したようなのです。師事する蝶の専門家にこの写真を送ったら「ジャコウアゲハの写真、腹は見えませんが、お腹を大きく内側に曲げて産卵中に見えます。足を踏ん張っていて、けなげにがんばっています。」という、嬉しいコメントが返ってきたのです。


この場所「カゴノキ平」は常緑樹が密生していて、光が入らないせいか、鹿の食害か、全く下草のない荒涼とした森だったのです。これではいけないと、昨年末からシキミ、ヒサカキ、ヒイラギなどの小~中径木を選択的に切り始めました。生きている樹木を伐採するのは気がひけましたが、森の百年の計のためと自分に言い聞かせて、仲間とともに作業を続けました。年が明けて春になると、森に待望の光が差し込み始めました。そして、若葉の季節には、森の住人である、コナラやサクラなどの落葉樹が気持ちよさそうに枝を伸ばし、若葉をそよがせました。

草が生え始めた


7月の作業日に行ってみたら、林床にいつのまにか草が生え始めているのです。埋没種子として冬眠していた種に日が当ったことによって、目を覚まし芽を出したのです。その草の中にオオバウマノスズクサがあり、ジャコウアゲハが目ざとくそれを感知し、卵を産んだようなのです。


 こんなに早く森の変化がみられるとは予想外、自然の再生力のたくましさに驚きました。かつて人々が里山として大事に利用してきたに違いないこの森、エネルギー革命という人間サイドの勝手な変革によって、利用されなくなり放置されて半世紀が経過、その間鹿の旺盛な食害によって、鹿が忌避する木々のみが成長・密生するという、余り例のない森を形成してしまったのです。こういう森は水源
涵養か土砂流出を防ぐという本来の森が備えるべき、機能が大幅に低下します。そして、生物多様性という観点からも少し乏しく思われるような森なのです。こんな森を、弥生時代以来私たちの祖先が大事に守り育ててきた、豊かな里山として蘇らせるのが熱海の森フォレスタ―の使命だと思っています。

 

 森は自然のままに放置すれば元通りになるという話は、完全な誤解です。一度人が手を入れて生態系を変えてしまった森(二次林と呼びます)はずっと私たちが世話をして守ってやらなければ、荒廃してしまうのです。ずっと森に守られて生きてきた、私たち陸上生物、その代表である人類は、今こそ率先して、森を守り育ててゆかなければなりません。(2011.8.4記)

熱海の森日記 — ataminosato @ 2011/08/05 04:32

「葉っぱのフレディ」を観てきました!

  こんにちは プレゼントツリー事務局です。

7月31日(日)、ミュージカル「葉っぱのフレディ」を事務局2名で観てきました

絵本「葉っぱのフレディ」から生まれたミュージカル「葉っぱのフレディ」は、今年で初公演から12年目を迎え、これまでになんと11万人もの動員があったそうです



いのちの大切さを伝えるミュージカル。今年の3.11東日本大震災で、多くの日本人がいのちってなんだろう、生きてるってどういうことだろう、と問いかけるきっかけとなりました。こんなときだから、いつも以上にこのミュージカルはすごく大きな意味があると思いました

「葉っぱのフレディ」の特別協賛をされている「株式会社ブロードリーフ」さんは、Present Treeの活動を支援してくださって、3万本の植林活動をめざしておられます

http://www.broadleaf.co.jp/company/c_news/20110701_2.html
(「葉っぱのフレディ」協賛について)

http://www.broadleaf.co.jp/growleaf/about.html#act01
(Present Treeへのご支援について)



(↑パンフレットには、「Present Tree」へのご支援活動の紹介が)

また、今年5月7日の笛吹市「はなの森」植樹イベントでは、多くの社員さんやお取引先の方々に参加していただきました。そして、その植樹イベントで、「葉っぱのフレディ」出演の子供たちが、歌を披露し植樹にも参加してくれたのでした


(↑ パンフレットには、その時の様子も掲載)

フレディーズの友達、アースリーフくんとライトリーフちゃんは、会場で東日本被災地復興支援金を募る活動をお手伝いしていました。この日の公演も、観客席は満員の大盛況でした



そして、5月以来久々に再会したフレディ役の井坂泉月ちゃんとパチリ。我が子の舞台での大活躍を喜ぶママのように、うるっときてしまった私たちでした

ほんとに素敵な舞台でしたありがとう


新着情報 — ptblog @ 2011/08/02 11:48

JCB社内販売会に参加しました!

 こんにちは プレゼントツリー事務局です。

7月28日(木)、株式会社JCB青山本社・社員食堂での社内販売会に参加させていただきました

「Present Tree」は、JCBカードの「Oki Doki」ポイントプログラムの交換対象として参加させていただいてます。(詳しくは↓)

http://www.jcb.co.jp/pointservice/pdf/11_pdf/11okidoki_44.pdf

今回の参加団体は、弊NPOの他に、ピースウィンズ・ジャパン 、ワークショップハーモニー、ESAアジア教育支援の会、シャプラニールの皆さんでした。(敬称略)


(会場設営の様子)


(環境リレーションズのコーナー)

この日は、特別出品で”REVIVE JAPAN”寄附付き携帯ストラップを販売販売価格¥500のうち、¥350を被災地支援の基金とさせていただくものです。

このストラップは、土佐のヒノキ間伐材を原料とし、授産施設(※)で生産されています。日本の森を元気にし、障害者の雇用を創出する一助にもなっています。

社会福祉施設の一種。心身上の理由、世帯の事情で就労時間に制約がある者、高齢者など労働能力の比較的低い要援護者、そのほかの低所得者に対して、就労の機会を与え、または技能を修得させて、その援護と自立更正を図ることを目的とする。(yahoo百科事典より引用)


(REVIVE JAPAN 携帯ストラップ)

PTサイトでの販売は、現在のところ未定です...。

新着情報 — ptblog @ 2011/08/01 10:58