贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

アキバグリーンフェスティバル2011 活動レポート!

 こんにちは プレゼントツリー事務局です。

8月27日(土)・28日(日)の2日間、ベルサール秋葉原のアキバグリーンフェスティバル2011「エコ縁日」に出展しました

ビルの1階はフルオープンガラス。お天気にも恵まれ、会場には心地よい風が吹いてきました。エコ縁日なだけに、冷房はちょっとね...

私たちのブースのテーマは「アキバで森のふしぎ発見!」です。おもな出しものは、「ひのきdeプール」、「サンブスギの積み木3000個で自由に遊ぶコーナー」、「なんのきクイズ」、そして「メダカのコタロー劇団」の皆さんによる環境教育のデジタル紙芝居の公演です。



ブースには、皆さんに靴を脱いで入っていただきました。木に触れる第一歩は、靴置き場の前に敷かれたヒノキ無垢材のマット。岡山県西粟倉村を拠点に、持続可能な地域再生の実現を目指し、森林価値を高める多角的な事業を展開している「トビムシ」さんにお借りしました。トビムシさんは、商品として販売しています。
http://www.nishihour.jp/wordpress/yukahari/



ブースの周りには「Present Tree for はなの森」と同じく「四季の森」の森づくり協働先、山梨県中央森林組合さん提供のスギの丸太を配して、ベンチ代わりに。来場者の憩いの場所になったかな?

それでは出しものをご紹介

まずは「ひのきdeプール」。このヒノキチップは、「Present Tree in 飛騨高山」で森の保育管理をして下さる「小林造林不動産株式会社」さんからのご提供。

エコ縁日会場にはヒノキの良い香りが漂い、多くの来場者が「気持ちいい」とおっしゃっていましたアキバにいながらにして森林浴気分!希望者には、「詰め放題」でお持ち帰りいただきました。


(首まですっぽり潜ってしまった女の子)


(おかあさんも思わずゴロリ、あ~あ癒される!)

こちらはサンブスギの積み木3000個で自由に遊ぶコーナー。 「Present Tree for さんむ日向の森」でご協力いただいている「さんむフォレスト」さんと「木と土の家」さんが貸してくださいました。ほのかに香るスギのにおいに囲まれて、温かでぬくもりを感じる積み木の感触には、なんだかほっとした気分にさせられます

子供も大人も一心不乱に作品づくりに夢中。子供の想像力ってほんとにすばらしい(^。^) 芸術的な作品がいくつもいくつも誕生しました!





それから、楽しみながら樹のお勉強。「なんのきクイズ」は、同じ種類の木のブロックと丸太を組み合わせるクイズです。今回はなんと16種類もの樹種を用意しましたよ!これも「小林造林不動産株式会社」さんからのご提供。この日のために、わざわざ用意してくださいました。




(こちらは全問正解の皆さん)


(こちらも同じく3人で力を合わせて見事全問正解)


(丸太は、ちびっこの手にかかるとこの通り立派な遊び道具に)

そしてそしてお待ちかね「メダカのコタロー劇団」のデジタル紙芝居!1日目のテーマは「間伐」、2日目は「植樹」でした。

公演が始まると、みんな真剣な表情で観ていました 登場するキャラクターに扮して、劇団の声優の卵さんたちはド派手な衣装で観客の目を楽しませていました。デジタル紙芝居が終わったあとは、じゃんけん大会とクイズの時間。出演者と同じジェスチャーをしながら、沢山の子供や大人が楽しそうに参加していました。


(こんなに沢山の人が公演に夢中。ブースの外にいる大勢の人も見入っていました。)


(メダカのコタロー劇団の皆さんと私たち)

朝早くからの会場設営や閉場後の撤去、ご来場いただいた皆さんとの触れあいにもご協力いただいたメダカのコタロー劇団の皆さん、本当にありがとうございました!!!

そして、出展用の素材を快く提供くださった協働先の皆さま、心より感謝申しあげます。




新着情報 — ptblog @ 2011/08/29 03:57