贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

「熱海の森」イベント報告!

 こんにちは プレゼントツリー事務局です。

11月23日(水・祝)、「Present Tree from 熱海の森」で森づくりイベントを実施しました

参加者は、総勢27名。大学生、会社員、森のボランティアの達人や森林インストラクターの方、樹木医さんなど、プロフィールはさまざま。

10時に網代の長浜海岸駐車場に集合。まずは、ブリーフィングを行ってスケジュールや作業内容を確認。



マイクロバスで「熱海の森」への入口へ移動そこで、ヘルメットや手鋸を受け取って、いよいよ作業場へ向かいます。人生初のヘルメット着装の人もいたのでは



作業場まではおよそ30分の道のり。思いのほか急な斜面もあり、すでに根をあげている若者たちも...おっと君たち、作業はこれからですぞ

それでも、途中にアケビの仲間「ムベ」を見つけたり、可憐な白い花の群生を見つけたり、森の中にはいくつもの発見があって、小さな喜びを重ねていきます このムベ、落葉する他のアケビの仲間とは違って常緑なのです。しかも、熟れても実が割れない...。1つ試食しましたが、ほんのり甘い野生の味がしました。





作業場へ到着ここで、フォレストマネージャー/佐藤さんから「熱海の森」の過去~現在までの林相の説明や、この森でどういった活動をしていくのかといったお話を聞きました。



作業は2班に分かれて実施。1班は、照葉樹の小径木が生い茂る暗いエリアで手鋸による間伐体験。2班は、すでに間伐した照葉樹の丸太を使って作業道を作ります。

こちらは、間伐の仕方のレクチャー。鋸の入れ方から樹を倒す方向を決めるやり方など、リーダーが初心者にも分かりやすく丁寧に説明。木が倒れる前には、周りの人の安全のため、大きな声で知らせることも忘れずに



いよいよ間伐開始。最初は、細い樹を伐るのにも思った以上に苦戦 鋸が挟まってしまい、思うように歯が動きません。倒した木はある程度短く伐って、歩行の邪魔にならないように尾根と並行に置きます。





こちらは2班の様子。穴の掘り方から「くい」の打ち方までリーダーから習います。



そして実際に体験。木の根が残っている土を掘るのは、結構大変です。



そして、こんなすばらしい作業道が完成



お昼をはさんで全部で2時間弱あまりの作業でしたが、皆さんいい汗かいたようですこのような森にはじめて足を踏み入れた「森の作業デビュー」の方も、楽しんでいただいた様子達人さんたちにはちょっと物足りない作業時間だったようですが、またしっかり「ガテン系」イベントを開催しますので、その際はよろしくお願いしますm(_ _)m



山を下りて朝の集合場所・長浜海岸駐車場へ移動。ちょうどこの日は、「ながはま特設市」の最終日。いろとりどりの海の幸や地元グルメの屋台がたくさん出ていました。なんと、屋台で買った新鮮な魚介類を、会場に置いてある七輪で自分で焼いて食べられるのです。海のバーベキュー





しばし特設市を楽しんだあと、15時にクロージングをして解散。立寄り温泉でひと風呂浴びて帰る参加者も...もちろん、私も温泉に入っちゃいました

こちらは網代駅近くにある旅館「平鶴」さんの露天風呂。目の前が海で、お風呂と海がつながっているよう...。解放感もあって、かけ流しの泉質もサイコーでした



「熱海の森」では、月1回の定例作業を行っています。

お問い合わせは、「熱海の森」フォレストマネージャー/佐藤

熱海の森日記 — ptblog @ 2011/11/25 04:22

No コメント »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)