贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

宮古市田老地区「学ぶ防災ツアー」レポート

こんにちは プレゼントツリー事務局です。

10月7日(日)、「Present Tree in 宮古」植樹イベントの前日、宮古市の職員の方とともに市沿岸部田老地区の「学ぶ防災ツアー」に参加しました。

宮古駅近くのホテルから田老地区に行く途中、浄土ヶ浜大橋からの景色。東側には蛸の浜。美しいリアス式海岸に白波が打ち寄せます。



一方、橋の反対側には、3.11の津波で甚大な被害を受けた地区が広がっています。上の写真のよ
うにおだやかな海が、当日荒れ狂って町をのみ込み破壊したのです。



惨状に心を痛めながら、田老地区に到着。「学ぶ防災ツアー」は、宮古市観光協会が主催で、多くの人々に津波の恐ろしさを感じてもらい、また防災の意識を持ってもらうために被災地の田老地区をご案内されているものです。





3.11の津波は千年に1回の規模、と言われています。しかし、三陸地区は1897年(明治29年)と1933年(昭和8年)にも破壊的な津波災害を受けていたのです。昨年の3.11と合わせると、115年に3度もの巨大津波に襲われたことになります。

田老地区では、1897年には15mの津波が襲い、生存者はわずか16名だけでした。1933年のときは、911名が亡くなりました。昨年の3.11では、住民4,400名のうち190名が命を落とされました。

尊い命を失われた多くの犠牲者があったものの、田老地区は、住民が過去2回からの教えを守り、住民の力で立ち直ったという奇跡の歴史をもつまちなのです。

例えば、下の写真にある赤い矢印が指す岩場の線は、上は1897年、下は1933年の津波到達点を示しています。上は29.12m、下は10mにもなります。このように、過去の記憶が風化しないようとどめているのです。



「津波遺産」として残そうと言われている「たろう観光ホテル」。3階まで津波が襲ってきました。目に見えるものとして残し、これからの時代を担う人々へと伝えていくことが大切だという思いからです。

※「防災ツアー」では、ここ「たろう観光ホテル」建物内にて、3.11当日ホテルの6階から社長自らが撮影した、津波が来る映像も見ることができます。これはマスコミ未公開のもので、非常に貴重な映像になります。

(たろう観光ホテル)

防潮堤があっても犠牲は出たではないか、という声もあろうかと思います。しかし、津波を止めることはできませんでしたが、波を散らして人々が高台に逃げる時間をかせぐことはできました。


(防潮堤の様子)

過去の巨大津波は明け方か夜に襲ってきたことから、まちでは高台に登るための明かりを照らすため、太陽光パネルを設置した場所がいくつもあります。(下の写真の赤丸で囲われた部分)


(高台にある太陽光パネル)

また、住宅は碁盤の目になるように建てられ、しかも敷地に角(かど)がない「角切り(すみきり)」状態にしています。角を取ることで視野を広げ、どこから走ってくる人も見ることができ、お互いに助け合えるようにとの工夫です。

田老第一中学校は石垣のある高台にあり、まちの避難所のひとつでした。昨年3月11日、122名の生徒たちは翌日に控えた卒業式の練習をしていました。津波が押し寄せる様子を見ていた用務員さんが、海辺で立ち上る煙を見て、ここ(田老一中)では危ないととっさに判断し、生徒や先生全員がさらに高台に避難。そのため、ひとりの犠牲者も出しませんでした。

立ち上る煙は、流された建物どうしがぶつかって燃えあがっていたからでした。そのことから、尋常ではない破壊的な津波なのだと判断されたのです。


(ガイドの皆さん①)

ガイドの皆さんの言葉です。

「私たちの目的は田老の街並みを目で見ていただき、当時の様子を私たちから聞いていただくことで
ツアーで来ていただいたお客様に防災意識を高めていただくことです。

ツアーに来ていただくお客様が住んでいる地域には、海が近くにないかもしれませんが、防災意識を高めていただくことで、地震、火事、有事などが来た時に備えることができると思います。」

ガイドの皆さんも、それぞれ言葉に尽くせない辛い体験をされたはず。それでも、「防災のまち・田老」の取り組みを多くの人に知ってもらい役立ててもらおうと、あふれんばかりの笑顔で接してくださいました。本当にありがとうございました!

皆さんの笑顔から勇気をもらった私たちは、自身の防災の意識を考え直すとともに、宮古市の一日も早い復興を願うばかりでした。

(ガイドの皆さん②)

「学ぶ防災ツアー」の詳細はこちら。
http://www.kankou385.jp/


【番外編】

ご当地の美味しい食事をしたり、水産品などの特産品を買うことも、復興へのお手伝いとなります。そこで、私たちの当日の食事をご紹介します。

お昼は宮古駅近くでラーメンを。宮古のラーメンの特徴は、煮干しダシ系であっさりと透明感のある醤油スープです。さっぱり味ですが、ダシのコクがしっかり。



夜。宮古といえば魚介類。お寿司屋さんで、まずは脂ののったぷりぷりのサンマのお造り。この後も、解禁直後のアワビのお造りなどを存分にいただき、大満足の私たちでした。

PT宮古 — ptblog @ 2012/10/26 11:00

「ウルトラマンの森」植樹ツアー 高山市集合/解散パッケージ追加!!!

こんにちは プレゼントツリー事務局です。

11月17日(土)~18日(日)の「ウルトラマンの森」植樹ツアー to 岐阜県高山市。

高山市集合/解散パッケージを追加しました!

貸切バスツアーはちょっと、と悩まれていた皆さん。現地高山市まで、お気軽にお越しください!

宿泊のホテルでは、ウルトラマン、ウルトラマンゼロが参加者の皆さんのお部屋を「おやすみパトロール」で訪問(滞在時間3分)。その間、ウルトラヒーローと素敵な時間をお過ごしください♪♪♪

詳しくはコチラ↓
http://www.presenttree.jp/tour/ultraman/ultraman.html

PTウルトラマンの森 — ptblog @ 2012/10/17 10:01

10月4日西武運輸株式会社様へ感謝状贈呈

 こんにちは。プレゼントツリー事務局です。

去る10月4日(木)、西武運輸株式会社様本社EXPRESS部へ伺い、「Present Tree for さんむ日向の森」への119本分の寄附に対する感謝状を贈呈させて頂きました。

西武運輸株式会社様は、人間の責務であるエコをベースとした輸送商品として、迅速・安全・確実を兼ね備えた全国EXPRESSネットワークを利用した新しい輸送システム 『eco(環境保全) × EXPRESS(急便)=e2便』を実現しています。
繰り返し利用可能なe2バッグを使用する事で梱包資材を省き、西武運輸オンラインサービスを活用する事で送り状レスを実現し、CO2削減に貢献しています。

そして、輸送1件につき1e2ポイントを1円に換算し、千葉県にある「Present Tree for さんむ日向の森」へ寄附することで、山武市の森林再生活動を支援していただいております。



西武運輸株式会社 代表取締役社長の安藤様より目録の贈呈
(左:当所理事長/鈴木 右:西武運輸株式会社 代表取締役社長/安藤様)



鈴木より感謝状贈呈


鈴木より植林証明書贈呈

安藤様からは「販売開始後、可也の評価を頂いておりますが、まだまだニーズはあります。今後も引続きお客様にこのプロジェクトを広め、環境貢献へ携わっていきたい。」と、とても心強いお言葉を頂きました。

今後とも、プレゼントツリーがいろいろな形で多くの企業様の環境活動のお役に立てるよう、頑張っていきたいと思います。

西武運輸株式会社e2便詳しい詳細は下記URLよりご確認下さい。
http://www.seibu-unyu.co.jp/e2.html
西武運輸株式会社×Present Tree 詳細は下記URLよりご確認下さい
https://www.presenttree.jp/collabo/seibuunnyu/index.html




新着情報 — ptblog @ 2012/10/16 05:00

「Present Tree in 宮古」植樹イベント開催報告!

こんにちは プレゼントツリー事務局です。

10月8日体育の日、「Present Tree in 宮古」の第一回植樹イベントを開催しました。

当日は、雲ひとつない晴れ渡った植樹日和。宮古市民参加者、市県外からの参加者、関係者合わせて総勢約120名のにぎやかなイベントとなりました。

宮古市からの参加者には、「宮古漁業協同組合女性部」の約20名の方がいらっしゃいました。こちらに所属する方々は、何年も前から広葉樹を植えて森づくりをすることが、豊かな漁場を育てるのだということを先輩から受け継いでおられ、森づくりの活動を続けてこられたのだとか。

驚いたのは、宮古市の方は皆「森・川・海」と人が共生することを意識されていること。漁業がさかんなまちだからこそ、森を育て守り、海を豊かにする大切さを理解されているのでしょう。

 
(現地に立てられた地元の栗材で作った看板)

開会式では、宮古市副市長/山口公正様はじめ、10年間当地で森づくりの作業をしていただく株式会社小林三之助商店岩手工場長/伊藤克彦様よりご挨拶をいただきました。

ミュージカル「葉っぱのフレディ」の2012年フレディ役のお二人は、「みどりの大使」として参加者とこれから森になっていく当地に歌のプレゼントしてくれました。


(フレディ役の日暮梨花さんと御子柴凛々子さん)

開会式の後は、参加者全員で集合写真の記念撮影をしました。

この後10班に分かれて、オオヤマザクラ、イタヤカエデ、トチノキ、ナナカマド、ミズナラ、ブナの6樹種計1,000本の苗木を植えました。


(植樹する苗木)

担当の本数を植え終わった班から、班ごとに記念撮影をしました。こちらは1班。


(前列左から3番目:環境リレーションズ研究所理事長/鈴木敦子、5番目:小林三之助商店岩手工場長/伊藤克彦様、後列右から2番目:宮古市副市長/山口公正様)

植樹の後は、待ちに待った昼食。小林三之助商店の皆様が、地元産キノコ数種類と同じく地元産野菜をたっぷりつかったキノコ汁をふるまってくださいました。


(100人鍋でぐつぐつと)


(キノコとお野菜のだしがしみ込んだやさしい味)

昼食後は、場所を兜明神岳に移して約1時間の自然観察会を実施。「かわい木の博物館」の案内役をはじめ4名のガイドが森の中を案内してくださいました。

途中で、閉伊川の源流発見!閉伊川は、「Present Tree in 宮古」リーフレットの表紙にアイコンとして使われているサケが遡上することで有名な、宮古湾にそそぐ川です。今年はすでにサケの遡上が始まっていました。この下から湧き出す小さな流れが、あの清冽な川になるなんて感激!

因みにこの日の水温は4℃でした。ご利益があるというので、ひと口いただきました。美味しかった!


(閉伊川の源流「かぶと清水」)

広葉樹の自然林を通り抜けると、視界いっぱいに広がるススキの草原。そして目の前には、なだらかな高原と里山の風景が。


(草原で見つけたリンドウ、ヤマハハコ、森のキノコ)

森の中を歩くのは初めてだったというフレディーズのお二人。軽やかに走りながらの散策。大人はついていくのがやっとでした。最後に「山ぶどう」を収穫し、ご機嫌の様子。でも、そのままのお味はかなり酸っぱかったようで...。

ゴールの「区界高原ウォーキングセンター」に到着。

閉会式で、「かわい木の博物館」案内人の会会長/工藤昭市様にご挨拶をいただいた後は、それぞれ目的地行きのバスに乗り込み解散。

参加者の皆様、準備から当日の運営までご協力いただいた宮古市職員ならびに関係者の皆様、お疲れ様でした。そして、心より感謝申しあげます。植えた苗木の生長を見に、またこの 地を訪れていただけるよう、スタッフ一同願っております。

<当日ご参加いただいた企業>
三機工業株式会社、株式会社ドンドンアップ、バイエルクロップサイエンス株式会社、
株式会社博報堂、株式会社ブロードリーフ   (敬称略、五十音順)

※前日10月7日(日)は、宮古市沿岸部田老地区の防災語り部ツアーの取材をしました。後日、レポートとしてブログにアップします。

PT宮古 — ptblog @ 2012/10/11 06:21