贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

「大崎 森守通信」2015年秋版

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

すっかり秋めいた今日この頃。皆さま、如何お過ごしですか?

さて、「Present Tree in みやぎ大崎」の地元協働先である大崎市と大崎森林組合様が、現地植栽地と周辺地域の「旬」の情報を四季折々にご報告してくださることになりました!
できたてほやほやの第一号を、皆さまにご紹介します(^^)/

なかなか頻繁に通うのが難しいなか、地元協働先様からの生の情報は本当にありがたいです。

皆さまのご感想もお待ちしています。そして、次号も是非お楽しみに!大崎森守通信(2015秋)

PTみやぎ大崎 — admin @ 2015/10/28 05:59

「Present Tree はなの森」植栽地視察のご報告

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

10/25(日)「はなの森」はじめ山梨県内のPresent Tree 植栽地のドローン空撮に行ってきました。晴天に恵まれたものの、山間は結構風が強く、ドローン操作は大変そう。撮影者はとても苦労していらっしゃいました(><) 撮影、お疲れ様でした!

5

実は今年5月にも視察に行っておりましたが、今回分と合わせて、現地の様子をおとどけします!

最初の2枚は、ドローン撮影したものです。「はなの森」内では「ナルトの森」の区画が大半を占めるのですが、森の入口には看板が、中腹にはステージ状のオブジェがたてられているのです。

7 6

 次の画像は、それぞれ2011年5月と2015年5月に撮影した遠景の比較です。

中腹のオブジェは、2011年5月に完成しました。前年に続き、この年の5月に植樹作業を終えたばかりなので、森というよりもはげ山のようです。

4年後には、雑草の中からポツポツと首を出しているように、生長した苗木の姿が確認できます。

比較3

実際の苗木の樹高はというと...。左が2015年5月撮影のコナラ。隣の男性の身長が183cmですので、ゆうに2mは超えています。中央・右の画像は同年10月に撮影した、それぞれコナラ・ヤマザクラですが、3mくらいはありました。同じ植栽地内でも日光の当たり方や土壌の状態により異なるものの、地元植生の樹木は育ちが良いようです。

2 4 ヤマザクラ

 

PT山梨はなの森 — admin @ 2015/10/27 05:00

「Present Tree 四季の森」植栽地視察に行ってきました!

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

10/25(日)「四季の森」はじめ山梨県内のPresent Tree 植栽地の視察に行ってきました。

ドローン撮影も試みましたが、晴天に恵まれたものの山間は結構風が強く、撮影者によると操作は大変だったとのことで、空撮画像は4枚のみご紹介します。

※画像をクリックすると拡大イメージを表示できます

IMG_5755 

「四季の森」は地元植生の落葉広葉樹のエリアと針葉樹ヒノキのエリアに分かれています。上段2枚が広葉樹エリア、下段2枚がヒノキエリアです。

D D

D D

広葉樹は紅葉したもの、すっかり落葉したものが混在していました。標高の高いこちらでは、木々はそろそろ冬の準備に入ります。

IMG_5734 IMG_5711

ヒノキエリアからは、眼下に千代田湖(農業灌漑用人口湖)が見えます。

IMG_5766

これからも、折をみて現地の様子をお伝えしていきます。

PT四季の森 — admin @ 2015/10/27 05:00

日本の動きを、世界へ発信する JFS に掲載されました!

こんにちは、プレゼントツリー事務局です。

この度、持続可能で幸せな未来へ向かう日本の動きを、世界へ発信する ジャパンフォーサステナビリティ さんでプレゼントツリーを御紹介いただきました!

これから取り組む 広野わいわいプロジェクト に関連して、また、プレゼントツリー熱海の森 から始まった「アーバン・シード・バンク プロジェクト」についても、日英で執筆いただきました。

 

ーーー以下、一部転載ーーー

 JFS20151013

 

 

プレゼントツリー 記念樹の森づくりが、都市と地域をつなぐ

前号では、東日本大震災の被災地における取り組みとして、地域外との交流を通して復興の加速をめざしている「広野わいわいプロジェクト」についてお伝えしました。

今月号のニュースレターでは、広野わいわいプロジェクトでも実施される「プレゼントツリー」の取り組みをご紹介します。広野わいわいプロジェクトでは、現在進められている防災緑地計画の中で、プレゼントツリーの仕組みを活用して町内外の多くの人達が集まり、広野町に賑わいを取り戻していくための森づくりを行います。町外の人も植樹に参加し、植えた樹の里親になってもらうことで、長期的なつながりを生み出します。

「プレゼントツリー」とは

「プレゼントツリー」は、認定NPO法人 環境リレーションズ研究所が2005年1月に始めた取り組みです。「人生の記念日に樹を植えよう!」を合言葉に、大切な人や自分自身のために記念樹を植えて、森林再生と地域振興につなげます。・・・・・・・・続きはこちらから。

 

 

‘Present Tree’ Initiative: Creating Forests by Planting Commemorative Trees Linking Urban and Rural Districts

In the last newsletter, we introduced the Hirono Wai-Wai Project as an initiative to accelerate reconstruction efforts in areas stricken by the Great East Japan Earthquake by promoting interaction with people from outside the town.

Hirono Wai-Wai Project to Accelerate Recovery of Disaster-Stricken Areas
http://www.japanfs.org/en/news/archives/news_id035353.html

In this issue, we introduce the Present Tree initiative, implemented as part of the Hirono Wai-Wai Project. In this project, forests are created in which many people from Hirono and elsewhere can gather. These forests are to be located in the disaster-prevention green space, the plans for which are underway. The mechanism of the Present Tree initiative is being used to rejuvenate the town. By having people from outside the town participate in planting and acting as foster parents of the planted trees, the initiative can generate long-term ties between people living inside and outside the town.

What is the ‘Present Tree’ Initiative?

The Present Tree initiative was started by the Japanese certified non-profit organization Environmental Relations in January 2005. The initiative promotes forest restoration and regional development by planting commemorative trees for people’s loved ones or for themselves under the slogan of “Let’s plant trees to commemorate our lives!”・・・・・・・・・

 

■日本語■

http://www.japanfs.org/ja/news/archives/news_id035371.html

 

■英語■

http://www.japanfs.org/en/news/archives/news_id035372.html

ーーーーーーーーーーーー

是非、ご一読下さい。そして、世界へのシェアもお願いします♪

 

プレゼントツリー事務局

Uncategorized,新着情報,熱海の森日記 — admin @ 2015/10/19 12:20

アズワン株式会社様が「Present Tree in みやぎ大崎」で植樹イベントを開催されました

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

9月26日(土)宮城県大崎市「Present Tree in みやぎ大崎」において、アズワン株式会社の大阪本社から6名、仙台営業所から10名の社員様のご参加をいただき、植樹イベントを開催しました。参加者の皆様、誠にありがとうございました。

アズワン様には、回収したカタログを再生紙リサイクルすることで得た古紙回収費用をPresent Treeにご寄附いただいております。

※アズワン様のカタログリサイクルのお取組みについてはコチラ

当日は小雨混じりの天候でしたが、手際よく植えていただいて作業は予定時間より早く終了。途中鳴子温泉駅で足湯に浸かったり、地元名産のお土産を購入したりと、地元の良さを感じていただきました。

イベントの準備・運営に多大なるご尽力をいただきました大崎森林組合の皆様に、この場をお借りして心より感謝申し上げます。

 RIMG1927

RIMG1961 RIMG1969

PTみやぎ大崎 — admin @ 2015/10/16 02:02

三機工業株式会社様が「Present Tree in 甲斐」で植樹イベントを開催されました

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

10月10日(土)山梨県甲斐市「Present Tree in 甲斐」において、三機工業株式会社様が、同社創立90周年記念行事として「三機の森」植樹イベントを開催されました。
当日は、長谷川社長様はじめ、北海道から九州まで全国各地から役員・社員総勢92名の皆様にご参加いただきました。参加者の皆様、誠にありがとうございました。

長谷川社長様の代表植樹を皮切りに、6班に分かれて、それぞれ担当のエリアにブナとクリの苗木を植えました。この日は少し肌寒かったのですが、作業の後に山梨のソウルフード・ほうとうを、できたて熱々でいただきました。

三機工業様には、2010年度にスタートされた「SANKI YOU エコ貢献ポイント」制度により、これまで継続して各地に1,700本ものPresent Treeを植樹いただきました。10年後創立100周年を迎えるときには、社員の皆様に立派に成長した「三機の森」をご覧になっていただけるよう、地元の協働者とともにしっかり保育管理をさせていただきます。

イベントの準備・運営に多大なるご尽力をいただきました中央森林組合の皆様にも、この場をお借りして心より感謝申し上げます。

 

 

PT甲斐 — admin @ 2015/10/16 01:26

「Present Tree in 宮古」第4回植樹イベント開催報告!

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

10月12日(月・祝)岩手県宮古市区界(くざかい)の「Present Tree in 宮古」で、第4回植樹イベントを開催しました。参加者数は、市内外から総勢約90名。

当日朝、出発地の盛岡市内は雨。標高1,000m超の山間にある植栽地も、曇天で時折冷たい雨が降る生憎の天候でしたが、周囲の広葉樹の森は紅葉の真っ盛り。兜明神岳も黄色や赤のグラデーションに彩られていました。

 

植える樹種は、ミズナラとブナ。いずれも寒冷地で自生する樹です。標高1,000m超えともなると、元気に生長する樹種も限られてきます。「Present Tree in 宮古」では、これまでヤマザクラやナナカマド等6種類の樹種を植えてきましたが、今回からはこの2種が主流になります。 

(イラスト:岩手県森林整備協同組合 舘野政志)

さて、5班に分かれて植樹エリアに移動。4年前から昨年までに植えたエリアを通り、段々と上に昇っていきます。途中、大きな房のヤマブドウを発見。植樹リーダーが採取し、参加者の皆様に味わっていただきました。

 

いよいよ植樹作業開始。植え方の指導をいただいた後、慣れない鍬を使って穴を掘り、ポット苗を植えていきます。 

 

 

そして作業の合間には、アルプホルン演奏体験。初めてながら見事な音色を奏でる方もいれば、吹いても吹いても音が出ない方も(^^;

 

 順調に作業を進めている最中、いきなり濃霧に包まれてしまいました。安全第一、終了予定時間前でしたが下山することに。

  

 昼食会場の「区界高原ウォーキングセンター」へ移動。温かい「サンマのつみれ汁」で、冷えたからだをあたためます。

  

今回のイベントでは、エンターテイメント・プログラムがふたつ。

ひとつ目は、花巻市をベースに活動する「早池峰アウトドアクラブ」の皆様によるアルプホルンの演奏会。昼食の間も素敵な音色で、参加者の皆様を和ませてくださいました。

 

ふたつ目は、龍泉洞で有名な岩泉町で活動する「KIKORIアート倶楽部」のお二人による、チェーンソーカービングの実演。杉の丸太をチェーンソーのみで削って、木彫りの彫刻をつくります。はじめは大胆に、そして終盤にさしかかると繊細なチェーンソーさばきで、本物そっくりのフクロウができあがりました!

 

 

チェーンソーカービングの実演を見学しつつ、参加者の皆様は、手ノコで丸太を切って間伐材コースターをつくりました。簡単そうに見えますが、実際に手ノコで木を切るのは結構大変...。

   

すべてのプログラムが終了し、パフォーマーの皆様、そして作品のフクロウとともに記念写真。

参加者の皆様には、とても寒い中最後までお付き合いいただき、厚く御礼申し上げます。そして、この日のために諸々の準備・ご手配いただきました地元協働者の皆様(宮古市・株式会社小林三之助商店・岩手県森林整備協同組合・早池峰アウトドアクラブ・KIKORI倶楽部、敬称略)に、心より感謝申し上げます。

来年も同時期に、第5回植樹イベントを開催する予定です。来年は晴れるといいな!

最後に、ご参加いただきた企業の皆様にも、この場をお借りして御礼申し上げます:FCAジャパン株式会社、株式会社公文教育研究会、セイノースーパーエクスプレス株式会社、株式会社ブロードリーフ(敬称略)

PT宮古 — admin @ 2015/10/15 06:20