贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

Sansan様が「Present Tree in 宮古」で植樹イベントを開催されました

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

クラウド名刺管理サービスを提供するSansan株式会社様が、去る6月25日(日)「Present Tree in 宮古」で3回目となる植樹イベントを開催されました。

Sansan様には、昨年から「Scan for Trees」というお取組みを通じて、Present Tree をご支援いただいています。(「Scan for Trees」についてはコチラ

当日朝の天気予報によると、午後から雨とのことでしたが、滞在中はずっと曇り空で作業には最適の天候でした。参加者は16名。今回は社員ご家族のお子様2名もいらっしゃいました。前日は、昨年秋同様宮古市内の早池峰山荘に宿泊、夕食・朝食ともに皆さま力を合わせて自炊され、すでにチームワークは完璧のようです。

 

植樹作業の前に、地元の食材をもりもり食べて宮古市を応援です!兜明神岳の登山や森林散策の拠点となる「区界高原ウォーキングセンター」で、地元産の魚介類・お肉・野菜のBBQをいただきました。

そして、鮎の炭火焼きまで!あれれっ、解禁は7月1日なのでは???安心してください、協働先の釣り名人による昨年の釣果です(^^;)))

 

 

お食事が終わって、植栽地に向かう前に、ちょっと川遊び。当日の朝、Sansan様の到着を前に、事務局スタッフが地元協働先の皆さまと一緒に、ウォーキングセンター内の沢でハコネサンショウウオ探しに挑戦していました。お子様を誘って川の生き物探しをするはずが、大人もぞくぞく参加!見事、ハコネサンショウウオの幼生(体長3~4cm)の採集に成功しました。(画像は、朝採集したもの)

※おまけ:2012年、東北地方北部(青森・秋田・岩手・宮城)に分布するハコネサンショウウオ個体群は、遺伝学的・形態学的な精査により「キタオウシュウサンショウウオ」して新種記載されたそうです。

 

さて、いよいよ本番です。植栽地入口から約20分登った標高1,035m地点が作業エリア。植える苗木はミズナラ200本。快進撃の素晴らしい働きで、準備していた200本をすべて植え終えていただきました!

皆さま、本当にお疲れ様でした!そして、ありがとうございました!

 

 

昨年秋に植えていただいた苗木たちは、背丈こそあまり伸びていませんでしたが根は確実に活着しており、これからの生長が楽しみです。プレートは装着済みです。

今回植えた苗木の生長も、是非見に来てくださいね。

 

最後に、お忙しい時期にも関わらず、準備ならびに当日の運営にご協力いただいた宮古市農林課・株式会社小林三之助商店・岩手県森林整備協同組合の皆さまに、この場をお借りして厚く御礼申しあげます。

<追記>

5月1日付けのブログでも紹介しましたが、事務局スタッフが4月25日に植栽地内でクマを目撃しました。今回クマには遭遇しませんでした(ホッ)が、200mほど離れたところに設置していたバカ棒(紅白の幅で20cmが測れる棒で、何故か森びとの間ではこう呼ばれています)がへし折られ、そこにはまだ新しいと思われるクマの体毛がついていました...。やはり、ヤツはこの辺りを縄張りにしているらしい。

PT宮古 — present-tree @ 2017/06/30 06:28

【祝】笛吹市へのふるさと納税の返礼品に「Present Tree in 笛吹みさか」が採用されました!

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

山梨県笛吹市への「ふるさと納税」で¥10,000以上寄付いただくと、返礼品として「Present Tree in 笛吹みさか」をお選びいただくことができます。

笛吹市とともに、市内の荒廃したアカマツ林を豊かな広葉樹の森にもどす応援ができ、その森を構成する1本の苗木の里親さんになっていただけます。
詳しくは、下記URLをご覧ください。
https://www.furusato-tax.jp/…/pref…/item_detail/19211/338401

笛吹市と「Present Tree in 笛吹みさか」の応援を、どうぞよろしくお願い申しあげますm(_ _)m

PT笛吹みさか — present-tree @ 2017/06/22 06:20

「Present Tree in 宮古」第5回植樹イベント開催報告!

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

6月4日(日)岩手県宮古市区界(くざかい)の「Present Tree in 宮古」で、第5回植樹イベントを開催しました。参加者数は、市内外から総勢約60名。

2012年10月に第1回目の植樹イベントを開催して以来、地元の皆様の多大なるご尽力のおかげで、毎年多くの参加者と共に開催することができ、今回で5回目を迎えられましたことを、心より感謝御礼申しあげます。なお大変名残惜しいのですが、今回が最後の開催となりました。

それには、嬉しい理由があります。事業としての実績としまして、これまでに約3万本、面積にして約12haの植樹が完了いたしました。多くの方々・企業様の温かいご支援により、お陰様で植樹可能面積すべてに植え終えることができました。植えた樹々は、地元協働者の皆様の手で、今後も植樹から10年間保育管理をしていただくことになっています。

さて、当日は生憎の雨。空に垂れ込める雨雲の動きを気にしつつ、まずは「区界高原ウォーキングセンター」内で開会式。

認定NPO法人環境リレーションズ研究所理事長 鈴木からの挨拶に続き、宮古市産業振興部長 山根様、株式会社小林三之助商店岩手工場長 田鎖様にご挨拶をいただきました。また、第1回目の植樹イベント開催でも応援いただいた、岩手県三陸北部森林管理署長 野藤様、宮古農林振興センター林務室長 西島様からも温かいメッセージをいただきました。

    

(↑ 左から、鈴木、山根様、田鎖様、野藤様、西島様)

岩手県森林整備協同組合 館野様からは、お得意のイラストの入った、2012年から6年間の総まとめ「Remember Present Tree in Miyako」と「Welcome to Present Tree in Miyako」の資料を使って、区界での森づくりにまつわるお話しをしていただきました。※資料はこちらからご覧いただけます♪♪♪

  

さて、植樹作業の前にしっかり腹ごしらえ。出来立て熱々の豚汁に、今が旬、地元産の山菜のおひたしをいただきました。

  

 

エネルギーチャージをした後は、バスで植栽地へ移動!入口から植樹会場まで、徒歩で約20分。気温計は、なんと7℃を指していました(*_*;

 

植樹会場に着いたら、植え方の説明。標高1,035mのこちらに植えるのは、ブナとミズナラの2種類。

 

そして、ここからが本番!「雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ」、参加者の皆さまは一所懸命に苗木を植えてくださいました。森のプロ曰く、このエリアは土の状態が非常によろしいとのことで、植えられた苗木も活き活きと喜んでいるように見えました(^o^)/

 

 

 

 

体温低下が気になるので、植樹作業を少し早めに切り上げて、植栽地をあとにしました。そして、プログラム通りガイド付き自然観察会に参加する組と、ウォーキングセンターに戻って休憩する組とに分かれました。

自然観察組は19名。雨と霧でかすむ幻想的な広葉樹の森を、ガイドさんの説明を聞きながら進んでいきました。途中で閉伊川の水源のひとつである「かぶと清水」に寄り、美味しいお水をひと口ゴクリ。偶然見つけたハルセミは、あまりの寒さに放心(?)状態で、鳴くどころか微動だにしませんでした(笑)

 

 

水も滴る可憐な白い花。マイヅルソウや日本スズランの群生もありました。

 

一方、ウォーキングセンター内では、地元で採取された草本の押し花をつかってコースター作りを楽しんでいました。

 

自然観察組がウォーキングセンターに到着した後、閉会式。3班の植樹作業班のリーダーさんたちから、参加者の皆さまに植林証明書が手渡されました。一緒に作業した仲間で、1本のPresent Treeの共同里親さんになっていただきましたv(^^)v

最後に、植樹イベントの準備から当日の運営、今後10年間の保育管理をして下さる地元協働者の皆さまに感謝の想いを込めた、盛大な拍手をもってお開きに。

参加者の皆さま、地元の協働者の皆さま、悪天候にも関わらず最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました!

第1回目から最終回の今回までの様々なシーンが思い起こされ、事務局にとって大変感慨深い一日となりました。苗木が結んでくれた宮古市とのご縁は、これからも続きます。植樹以外でも都市部と地元の皆さまが交流できる機会を提供させていただきたいと思いますので、引き続き「Present Tree in 宮古」の応援をどうぞよろしくお願い申しあげます!

 

<ご参加いただいた企業:エースホーム株式会社様、サンパワージャパン株式会社様>

PT宮古 — present-tree @ 2017/06/05 01:50