贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

【宮古市区界 トレッキング体験レポート】閉伊川源流沢登り&兜明神岳登山

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

2012年8月に「Present Tree in 宮古」をスタートしてから、早くもそろそろ5年。これまで20回近く区界高原を訪れているのですが、現地の名所「兜明神岳(1,005m)」は眺めるばかりで登ったことがありませんでした。

6月25日(日)のSansan様の植樹イベントの前日、ようやく長年の希望をかなえることができました!そして「Present Tree in 宮古」は、閉伊川の水源近くの森づくりで豊かな漁場を守る活動。是非、水源も見ておかねば!と源流沢登りにも挑戦!

 

 

植樹イベント開催時の自然観察会でお世話になっている森林ガイド・武内さん同行のもと、いざ区界高原ウォーキングセンターを出発!水源を目指して登っていくのですが、最初はふつうに沢沿いの「道」を悠々と歩いていたものの、途中から「道」なるものがなくなり、ごつごつした岩の上を滔々と水が流れる「沢」そのものを登っていきます。美しいコケや数種類の鳥たちの囀りにうっとりしながら余裕で進んでいったのですが、終盤は結構ハードでした(><)

武内さんによれば、前日に雨が降ったので水量は少なくはないとのことでした。ウォーキングセンターでは「長靴貸しましょうか?」とおっしゃっていただきましたが、この後「ロッククライミング」が控えているので、私はトレッキングシューズで滑らないように慎重に進んでいきました。

  

ようやく水源地(標高920m)に到着!ひと口ごっくん!美味しいお水でした。水温は7.5℃と冷たく、乾いた喉を潤すにはサイコー。

 

さてさて、次は5年越しの願い、兜明神岳の頂上を目指します!目的地は下の画像の「祠」のあるところ。あの急傾斜のロッククライミング、できるかな~。

すでに900m地点にいるので、あとは100mほど登るのみ。だんだん樹木が少なくなり、岩肌が見えてきました。

 

(自分としては)スパイダーマンになったつもりで、岩に張り付いて一歩ずつ上昇。なんとか頂上の「祠」に到着(実は2ヶ所あります)!自身が登頂した記録画像はないので、靴先を入れて下向きに撮影、このアングルかなり怖い...。でも、この山は「初級者向き」だそうです、え~っ。

 

 

 

当日は早池峰山はじめ、近隣の山々を見渡すことができました。そして、いつもは植栽地から兜明神岳を眺めていたのですが、やっと兜明神岳から植栽地を俯瞰することができました!

下の画像の赤枠部分が「Present Tree in 宮古」の植栽地。皆さまのご支援のおかげで、約3万本、面積にして約12ha分の植栽を終えることができました。こちらの画像では見えませんが、双眼鏡を通すと見出し杭までよく見えました。この放牧地跡が広葉樹の立派な森になり、この地を深々とした緑に染めていくと思うと、とても感慨深い気持ちになりました。

またいつか兜明神岳に登って、少し森に近づいた植栽地を眺めてみたいと思います。皆さまも機会があれば、是非ご体験くださいませ(^^)/

今回のコースは下記の通りです(所要時間:約3時間)。因みに、私は途中何度も撮影で立ち止まったため、3時間半以上かかりました。

PT宮古 — present-tree @ 2017/07/03 07:02