贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

9月2日(日)「Present Tree in ひろの」交流イベントバスツアー参加者募集!

今年3月11日で、東日本大震災発災から7年。福島県浜通りに位置する双葉郡広野町では、復興に向けた様々な取り組みが、広野町民と隣接するいわき市の市民、首都圏の皆さまの手で着々と進められています。 Present Treeでは、広野町と都市部の皆さまとが交流していただく機会として、2016年から広野町へのツアーを開催しています。

3回シリーズ最終回となる本ツアーのプログラムは「Present Tree in ひろの」植栽地での草刈り作業のほか、浜通りを北上して、楢葉町と浪江町での視察が含まれています。楢葉町では、Jヴィレッジ近くで田んぼアートを作り浜通り復興をアピールする活動をご紹介するとともに、現地を見学をしていただきます。浪江町では、2017年3月末、6年超に及ぶ全町避難指示が「帰還困難区域」を除く区域で解除されました。様々な形で町の復興を担う「まちづくりなみえ」様のガイドで、浪江町の復興に向けての歩みと現状を視察していただきます。 浜通りの「今」を視察できる貴重な体験になるはずです。皆さまのご参加を、地元の皆さまと共に心よりお待ちしております! 詳細とお申込みは、こちらまで。

 

<スケジュール>   

07:10  新宿駅西口発

10:30  広野町着 ~「Present Tree in ひろの」草刈り作業

11:40  昼食

12:30  広野町発 ~ 楢葉町「田んぼアート」見学

13:00  楢葉町発 ~ 浪江町視察(現地ガイド付き)

16:00頃 現地発

20:00頃 新宿駅西口着・解散

※上記行程は、活動先の状況や天候、交通状況などの事由により変更する場合もあります。予めご了承ください。※

PTひろの,新着情報 — admin @ 2018/07/23 10:29

グリーンハウスグループ様に感謝状を贈呈しました

 

こんにちは、プレゼントツリー事務局です

6月15日(金)、2015年からプレゼントツリーをご支援いただいている株式会社グリーンハウス様(グリーンハウスグループ)に伺い、感謝状をご贈呈さしあげました。

(写真左:当NPO理事長 鈴木、右:グリーンハウス 広報室 福田様)

同社には「グリーンハウスグループの森」プロジェクトにより、「Present Tree in 甲斐」(山梨県甲斐市上芦沢)の一画に3年間で2,000本のPresent Treeを植樹いただきました。活動初年度より3年間、毎回全国からグループ企業役職員様約100名の参加のもと、5月に植樹イベントを開催いただきました。実際に植栽地で植樹作業にもご協力いただきましたこと、あらためまして心より感謝申しあげます。

植えた苗木は、地元協働者とともに、しっかりと10年間保育管理させていただきます。

 

 

(写真上段左から、2015年、2016年、2017年の植樹イベントの集合写真)

 

 

 

 

新着情報 — admin @ 2018/07/09 01:17

Sansan様が「Present Tree in 宮古」で5回目の植樹イベントを開催されました

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

7月1日(日)クラウド名刺管理サービスを提供するSansan株式会社様が、「Present Tree in 宮古」で5回目となる植樹イベントを開催されました。

Sansan様には、「Scan for Trees」というお取組みを通じて、Present Tree をご支援いただいています。「Scan for Trees」開始にあたってお約束いただいた1ha分の本数に、今年5月のご支援分をもって達成されました。(「Scan for Trees」についてはコチラ

金曜日は大雨だったとのことですが、当日は絶好の晴天に恵まれ(に加え、想像を超えた暑さ!)、社員の皆さまとお子様の計19名にご参加いただきました。会場には、出来立てほやほやの「名刺の森」看板がだ~ん!「KIKORI アート倶楽部」三上様渾身の作・チェーンソーカービングによるふくろうが看板の上に鎮座し、皆さまをお出迎えしてくれました!

  

植えた場所は、標高1,035m地点。早池峰山や北上山地が見渡せます。今回は女性の参加も多かったのですが、用意した200本のミズナラの苗木を、手際よくしかも丁寧に植えて下さいました。日陰が全くない暑い場所で、本当にお疲れ様でした!

  

  

  

そして今回はスペシャルメニュー。参加者全員にそれぞれ1枚のナンバープレートを付けていただきました。最後の番号「2542」のプレートは、きっと80年後位にここが立派な森になっていることを確認してくれる、もうすぐ4歳になるという男の子に託しましたv(^^)v

  

さて、植樹作業のあとはお待ちかねのBBQランチです。毎回新鮮で抜群に美味しい貝類やお肉をご用意いただきましたが、今回はさらにパワーアップのスペシャルメニュー💛 宮古市の職員の方がこの日のために釣って下さったイワナとヤマメを塩焼きで、そして今が旬のホヤの生食!心づくしのおもてなしに、参加者の皆さまのみならず、スタッフまでも感動。岩手の人は、本当に温かい!感謝、感謝です。

 

  

そして昼食のあとは、ガイド付きの自然観察会へ。木陰がまったくない植栽地と比べ、自然観察会で訪れた広葉樹の豊かな森の中はとても爽やか。ハルセミやヒグラシの鳴き声や野鳥の囀りで、さらに清涼感が増します。男の子はエゾハルセミの抜け殻を発見したみたいです。そして、閉伊川の水源のひとつ「かぶと清水」で冷たいお水を飲んだり、ペットボトルに入れたりして、森の恵みを存分に感じることができました。

  

  

約1時間半の自然観察を終え、これにて全プログラムが終了。参加者の皆さまはバスで盛岡駅へ。一日、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!いつかまた「名刺の森」の生長の様子を見に来てくださいね。

 (右:当日のスタッフ)

最後に、お忙しい時期にも関わらず、準備ならびに当日の運営に多大なるご尽力をいただきました宮古市農林課・株式会社小林三之助商店・岩手県森林整備協同組合の皆さまに、この場をお借りして厚く御礼申しあげます。

★★★★★

植樹イベントの度に、新作イラスト付きのちらしで参加者を楽しませて下さる岩手県森林整備協同組合の舘野様。今回もSansan様のために、素敵なちらしを作ってくださいました(^^)

 

PT宮古 — admin @ 2018/07/02 05:50