贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

Sansan株式会社植樹イベント in みやぎ大崎を開催しました!

こんにちは、プレゼントツリー事務局です。

寒暖差が激しい今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?ゴールデンウィーク直前、体調を崩さないように、頑張りましょう!

4/20(土)~4/21(日)みやぎ大崎にてSansan株式会社の植樹イベントを開催いたしました。今回は、参加者12名で70本の広葉樹の苗木を植えました。

Sansan株式会社の社会貢献活動「Scan for Trees」では、データ化した名刺枚数に応じて植樹するプロジェクトです。Sansanでは平均して月間約600万枚の名刺がスキャンされており、本プロジェクトでは3万9000枚につき一本の木を植樹します。これは製紙用木材1本にあたります。現在までに1860本の木をみやぎ大崎に植樹しております。

さて、本題に戻りましょう。植樹ツアー一日目は、弊社理事 鈴木よりみやぎ大崎でのプレゼントツリーの意義のご説明から始まります。山間部の鳴子温泉郷に位置する江合川の水源近くに広葉樹を植栽し、森をつくり、平野部の田尻地区の米どころを潤す水を育む。上流の森を育てることで、下流の米作りと多様な生物の共存を支えるお手伝いをプレゼントツリーはしています。

ご説明の後は、そろそろお 腹が減ってきたころですね。お昼といたしましょう。

岩出山地域にある四季の里「凛菜(りんさい)・上(うえ)の家」は、地元のおばあさん方が「おかえんなさーい」と迎えてくれる、広々とした座敷でゆったりと手づくりのお膳料理を楽しめる、四季の里です。旧千葉家は、江戸時代には、肝煎に次ぐ有力農家で、後方の一段高い所に建っていたので「上の家」と呼ばれていました。住宅は明治21年に建てられましたが、明治43年の水害で裏山が土砂崩れを起こしたため、現在地に移転しました。


凛菜(りんさい)・上之家 で昼食
お食事は素朴な山の恵み、お野菜中心のお献立

メニューは地元の食材をふんだんに使った和食膳です。地元NPO「やろっこはちまき」片倉美智子さんよりご紹介いただきました。十穀ごはん、なめこ汁、凍み大根の煮物、わかめの酢の物、椎茸の炭火焼き、山菜の天ぷら、自家卵の厚焼き玉子、お漬物にデザートは草団子でした。

皆さーん、お腹いっぱいになりましたか?身体に優しいヘルシーメニューですね。

食後は大崎市産業経済部 世界農業遺産 課長補佐 高橋直樹さんと大崎市産業経済部 世界農業遺産推進監 武元将忠さんより、世界農業遺産とプレゼントツリーの森との関係についてご説明頂きます。

大崎地域には、冷害や洪水など厳しい農業条件の中で育まれた豊かな農業遺産があります。

内川は、世界農業遺産の大崎耕土約3,300ヘクタールに用水を供給する農業用の水路です。
この水路は伊達政宗公によって、今から約400年前に岩出山城が造られたと同時に掘られた人工の河川です

城山公園から望む内川の水路

プレゼントツリーはこの内川へ注ぎ込む栄養分たっぷりの水を植樹によって育んでるんですね。

お散歩の後は子供たちお待ちかねの「鳴子こけし絵付け体験」が待っています。皆さん上手に絵付けできたかな?

【伝統工芸品・鳴子こけし】
江戸末期文化文政(1800年)代前半頃、温泉みやげとして作られた鳴子こけしは、工人が今も昔ながらの技法で一つ一つ手づくりで作っています。様々な場所でこけしを発見するのも、温泉街めぐりの楽しみのひとつです。

ユニークな自分だけのこけしが完成!
勢揃いで可愛いですね~

本日はここまで。皆さんホテルでゆっくり鳴子温泉の泉質を楽しんでくださいね。

リゾートパークホテルオニコウベにて

二日目の朝は歩いて植栽地へ。ホテルから徒歩10分です。

「Present Tree in みやぎ大崎」の新植栽地は、牧草を供給していた採草地跡の一画にあります。原発事故以降、畜産から撤退する農家もあり、牧草の需要が減少したことから当地での採草は行われなくなりました。
そのような中、大崎市からの「もともと広葉樹林であったこの地を、自然の森に戻したい」の要望を受け、あらたにPresent Treeの植栽地とする運びとなりました。鳴子温泉の伝統工芸「鳴子こけし」の材料になるミズキをはじめ、地元植生の森づくりをします。森が育んだ豊かな水は荒雄川・江合川を伝って下流域の田んぼ、大崎耕土(世界農業遺産 )を潤し、そこに棲む様々な生き物に恵みを与え、自然の営みとひとの営みを共存させることができます。

鳴子林業研究会 会長大場雅之さん及び大崎森林組合 業務課長 平野克彦さんより植栽活動への謝辞を頂き、植樹体験がスタート。
大崎森林組合技師の佐藤勇也さん に植樹方法を教わりながら、皆さん重いくわを振り下ろし、植樹ポイントに穴を開け、森となってゆくことを願いつつ、 樹を植えていきます。

くわが重そうです!頑張って~!
こちらは親子2人3脚で奮闘中!
気持ちよさそうですね~
壮大な景色をバックに記念撮影
二日目の昼食は古民家を改築した里山カフェさとのわ

Sansan株式会社の皆様、この度は大変お疲れさまでした!次回の植樹イベントは秋に行われる予定です。

PTみやぎ大崎,新着情報 — admin @ 2019/04/26 05:45

【お知らせ】2019年 GW休業について

・*・*・*・2019年 GW休業のお知らせ・*・*・*・

4月27日(土)~5月6日(月)は休業させていただきます。

上記期間内の御注文及びお問い合わせは、5月7日(火)より順次ご回答申し上げます。

お申込みにつきましては、上記期間中でも受け付けております。

この期間中に銀行振込み・カード決済をされた場合は、 5月8日(月)よりご入金の確認をさせていただきます。

商品の出荷につきましては、5月9日(木)より順次対応させていただきます。

皆さまのご理解とご協力に感謝申し上げます。

引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

環境リレーションズ研究所

PresentTree事務局

新着情報 — admin @ 2019/04/15 05:19

「やまなしの森づくりCO2吸収証書」授与いたしました

2019年3月27日(水)山梨県庁より弊社理事長鈴木がCO2吸収証書を受け取りました
写真中央:弊社理事長鈴木及び中央森林組合の雨宮さんと伊藤さん
各CO2吸収量は、甲斐善光寺の森では年に2.3トン、甲斐の森では年に4.7トン、
「はなの森」ではなんと年に10.1トンです!
新着情報 — admin @ 2019/04/10 04:16

日清製粉グループ「ふくしまを知るツアー」にて、「Present Tree in ひろの」を訪問頂きました

こんにちは、プレゼントツリー事務局です。

皆さまの地域ではいかがお過ごしでしょうか?

さて、去る2019年4月7日(日)、日清製粉グループの新入社員 有志 の皆様を、福島県双葉郡広野町の防災緑地にある「Present Tree in ひろの」をはじめ、浜通り一円へご案内する機会を頂きました。テーマは「福島を知る」。福島県浜通りを訪問し、現地の方々とのふれあいを通じ、復興の現状を新入社員に学んで欲しいという、同社の熱い思いを託された関係者一同、入念に準備を重ね、震災記念碑に始まり、同社が植えてくださっているプレゼントツリー記念樹の育樹作業、農業の復興を象徴する国産・北限・完全無農薬バナナ「モンゲーバナナ」ハウス見学、夜ノ森の桜並木とその向こうの帰還困難区域~帰る人が居なくなり取り壊された宅地跡の見学等、盛りだくさんの行程をこなして頂きました。


日清製粉グループの新入社員 有志 の皆様

往路の車中、まずはプレゼントツリー鈴木より、福島訪問の意義と訪問先および現地関係者についてご説明しました。

環境リレーションズ研究所 理事長 鈴木 敦子

福島県広野町到着後、震災記念碑の許、1分間の黙とうをささげ、現地NPO法人「広野わいわいプロジェクト」の協力でツアーがスタートしました。

石碑の横で東日本大震災の状況をご説明いただくNPO法人広野わいわいプロジェクト磯部事務局長
プレゼントツリー植栽地にて、自社の植えた記念樹を確認、草むしりをして育樹をサポートする日清製粉グループ新入社員の皆様

草むしりも終わり、小腹がすいたところでお待ちかねの昼食会場へ。

初めに、現地で活躍する社会事業家のご紹介。オーガニックコットンのお話を聞きました。

地元NPO法人ザ・ピープル吉田さんと株式会社KiTEN酒井さん
手作りキーマカレーを美味しそうに食する参加者の皆様

お昼のメニューは現地のお母さんたちが手作りキーマカレー、その名も「ひろののお母さんカレー」を振舞ってくださいました。

食後、広野町遠藤町長が歓迎のため駆けつけ、今後の広野町の展望についてお話くださいました。

現地のお母さんたちのご紹介
スピーチ中の遠藤町長

お腹もいっぱいになったところで、次に向かったのが原発被災地の農業復興特産品を育てるハウス。そこでは「モンゲーバナナ」(“もんげー”=“すごい”)という皮まで食べられるバナナを栽培しています。残念ながら時期ではなかったので、食べられず。

原発被災地の農業復興特産品「モンゲーバナナ」のハウスで

次に訪れたのは、浜辺。浜下り神事「たんたんぺろぺろ」を見学しました。

太鼓とはやしの音色から「たんたんぺろぺろ」の通称が付いたそうです。震災と原発事故による中断から昨年8年ぶりに再開。みんなで「わっしょい」のかけ声と共に応援すると、担ぎ手の皆さんが嬉しそうに応えてくださいました。

クライマックスは海に突入するみそぎの儀式である「潮垢離(しおごり)」。波打つ海に力強く入る姿は圧巻でした!

浜下り神事「たんたんぺろぺろ」の応援

さて、広野町の浜辺を後にした私たちは最後の地域、富岡町の「夜ノ森桜並木」へ向かいました。

きれいな桜並木の先には、未だ帰宅困難地域がバリケードで封鎖され、そのギャップにとても複雑な気持ちに陥ります。

富岡町の「夜ノ森桜並木」
同じ地域でも、帰宅困難区域はバリケードで立ち入り禁止に

ツアーは終わりを迎え、東京へ帰る前の振り返りミーティングを行いました。

全ての行程が終わり、本日のツアーを振り返ります。

「復興は復元ではなく挑戦だ」という広野町町長のお言葉のとおり、福島の皆さんは震災以来、挑戦をし続けています。

今回の福島を知るツアーでは新入社員の皆さんから様々な感想をいただきました:

「福島県に来ること自体がとても大切で、今後も来続けたいと思いました。震災から8年たったことを感じましたが、まだ自分にできることを続けたいです。」

「今まではボランティアや復興支援では自分が何かをできないとだめだと思っていましたが、多くの人と交流し、足を運び話すだけでも喜んでいただけることを知りました。簡単なことから、自分でできることを考えて実践していきます。」

など、これからも積極的に被災地と繋がっていこうという意見が多く、お連れした我々としてもとても嬉しかったです。

日清製粉グループの皆さま、

3.11発災以降ずっと続けていらっしゃる復興支援活動、特にこうして毎年被災地を訪ねる取組に、改めて心より敬意を表します。

是非また来年も訪ねてくださいませね。

PTひろの — admin @ 2019/04/07 12:04

Present Tree in 南九州高原町(神武の森)ご支援者の皆様へ

さて、 2009 年 3月 24 日にスタートした「 Present Tree in 南九州高原 町(宮崎県西諸郡高 原町蒲牟田)」(通称:プレゼントツリー神武の森) は、お陰様をもちまして当年 3月 23 日をも ちまして、プレゼントツリーの 里親皆様と10 年間の約束期満了を迎えま した 。

ここは2011年の新燃岳の噴火被災に遭い、その際に最初に植えた苗木はほぼ全滅してしまったため、現地調査を得て2013年に再植栽を実施しました。しかし、その後も継続的に爆発的噴火があり、度重なる被害を受けており、現地管理者と共に検討した上、大変不本意ながらも、これ以上当地に再植栽をしたとしても成果が得られる見込がないと判断しました。

ここに、ご報告申し上げると共に協定期間満了のこのタイミングで本プロジェクトを終了する旨、ご了承いただければ幸いです。

高原町で 2012 年よりスタートしている「新燃岳噴火災害復興祈念 の森 (広原尾野地区)」は、お陰様でスクスク育っております。長きに亘り「神武の 森」を育て頂ましたことへ御礼 を申し上げると共に、引き続き高原町 並びにプレゼントツリーの森を末永く見守って頂けますよう、お願い申し上げます。

10年間に渡り現地管理を行って頂いた、西諸地区森林組合の平代表理事 組合長 より感謝の意とご報告書を頂いております。

下記URLよりご覧ください。
https://presenttree.jp/blog/wp-content/uploads/2019/04/5f6d8b153bdf930ebe492bab92d51830.pdf

PT宮崎県高原町,新着情報 — admin @ 2019/04/02 07:37