贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

消費税率の改定に伴う商品価格の一部改定について

2019年9月1日

ご支援頂いている皆様へ

認定NPO法人環境リレーションズ研究所

消費税率の改定に伴う商品価格の一部改定について

拝啓

時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、消費税率の改定に伴い2019年10月1日から、環境リレーションズ研究所の提供する一部商品において、価格を下記の通り改定させていただきます。 今後とも内容の充実、品質の向上に努めてまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

敬具

1.改定実施日:2019年10月1日

2.対象商品、新価格

<フレーム>

・スギ間伐材フレーム : 3,600円/個

・パイナップルフレーム : 1,600円/個

<アクセサリー>

・GREEN : 13,200円/個

・EARTH : 14,300円/個

<環のはし>

・natural : 1,500円/膳

・urushi : 1,250円/膳

<オーナメント>

・kinpro リス : 510円/個

・東北グランマのクリスマスオーナメント : 1,100円/個

   

3.参考資料(外部リンク)

▼消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法及びガイドライン等について http://www.cao.go.jp/tenkataisaku/pdf/houritugl.pdf

▼新労務単価は公表以降最高に!https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000824.html

  

以上

新着情報 — present-tree @ 2019/09/01 10:17

「PresentTree」寄附金申し受け金額の改定について

 2019年9月1日

ご支援頂いている皆様へ 

認定NPO法人環境リレーションズ研究所

「PresentTree」寄附金申し受け金額の改定について

拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は私共の森林循環事業に対し格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、先に事業報告にてお知らせしたとおり、近年の度重なる自然災害により、想定外の現地視察並びに補植が重なり、また、プレゼントツリーの特徴である1本毎管理のためのプレート再装着等、森林整備補助事業外作業が増えております。更には、昨今の人手不足の影響により労務単価の高騰が続く中、プレゼントツリーに係わる人件費も例外ではありません。

これらを鑑み、約束期間10年間にかかる原価の目標値である「標準原価」と、実際に発生した「実際原価」を改めて精査したところ、これまでの申し受け金額では里親の皆様との約束期間満了までのコストを賄えないことが判明いたしました。

つきましては、2019年10月からの消費税率改正に伴うWeb申込みシステムの改訂に合わせ、以下の通り、プレゼントツリー1本あたりの寄附金申し受け金額を改定させていただくことに致しました。

皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

敬具

1.改定実施日:2019年10月1日

2.植栽地と新規寄付金額

  (2019年10月1日以降に決済(入金)いただいた場合)

・ 北海道中川【北海道】 :  4,500円/1本

・ 北海道中川【北海道】 (REVIVE JAPAN) :  4,950円/1本

・ ウルトラマンの森【岐阜】 : 10,000円/1本

・ みやぎ大崎【宮城】 :  5,000円/1本

・ みやぎ大崎【宮城】 (REVIVE JAPAN) :  5,500円/1本

・ 甲斐【山梨】 :  5,000円/1本

・ 甲斐【山梨】 (REVIVE JAPAN) :  5,500円/1本

・ 笛吹みさか【山梨】 :  5,000円/1本

・ 笛吹みさか【山梨】 (REVIVE JAPAN) :  5,500円/1本

・ 飛騨高山【岐阜】 :  5,000円/1本

・ 飛騨高山【岐阜】 (REVIVE JAPAN) :  5,500円/1本

 ※なお、PresentTree(プレゼントツリー)の寄付お申し込みで、100本以上の纏まった単位での証明書発行の場合には、別途ご対応させて頂きますのでこちらまでご一報ください。また、寄附金以外での経理処理の場合には単価が変わって参りますので、同じくこちらまでご一報下さい。

4.寄附金の使途
当初は、全体経費の50%が補助金によって賄われておりましたが、現状は約10%です。残りの9割が皆様からの寄附金で賄われています。

【2005年立上げ当初予算】

4.参考資料(外部リンク)
▼消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法及びガイドライン等について  http://www.cao.go.jp/tenkataisaku/pdf/houritugl.pdf 
▼新労務単価は公表以降最高に!https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000824.html

以上

新着情報 — present-tree @ 2019/09/01 12:00