贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

【2020年夏・Present Tree in笛吹みさかからのレポート】

こんにちは。

プレゼントツリー事務局です。

長い長い梅雨の時期からやっと抜け出せそうですね。

豪雨被害にあわれた地域の皆様には心からお見舞いを申し上げます。

さて、プレゼントツリー事務局といたしましても、新型コロナの影響により、植樹シーズンである4・5・6月のイベントは全てキャンセルとなり、厳しい年となっております。

そのような中、笛吹市御坂町にある「Present Tree in 笛吹みさか」の森からレポートが届きました♪

日本一日照時間の長い山梨県ですが、今年の日照不足により県が誇る果物の成長が芳しくないとのことです。一方、今年植えたプレゼントツリーの苗木の方は順調に育っており、特にコブシの成長が著しいとのこと。長雨が功を奏して、砂っぽい地質に水分が行き渡り、根が活着しやすくなった様で、正に「雨降って地固まる」ですね。今後もしっかり見守っていきたいと思います。

また、現地の協働先、中央森林組合の伊藤 力 参事よりメッセージもいただきました。

プレゼントツリープロジェクトは、来年の植樹イベントを開催できるよう、精いっぱい尽力していく所存でございますので、皆様もそれまでお体にお気をつけて、お会いできる日を心待ちにしております!

「PresentTree for 四季の森」支援者の皆様へ

こんにちは、プレゼントツリー事務局です。
2008年7月に山梨県でスタートした「Present Tree for 四季の森」は、お陰様をもちまして10年間の約束期間満了を迎えることができました。

「Present Tree for 四季の森」は、日本の四季折々の多彩な魅力を発揮する森づくりを目指して、広葉樹(ホオノキ、コナラ、ヤマザクラ、カエデ、ヤマツツジ)を中心に、針葉樹(ヒノキ)も交えて針広混交林の生態系豊かな森に育ちました。

上:植栽直後(2009年)の様子、下:現在(2019年)の同一エリアの様子

10年間の長きにわたる皆様からの温かいご支援・ご協力、誠にありがとうございました!

現地の協働先である中央森林組合の米山代表理事組合長から感謝の言葉が届いておりますので、こちらからご覧ください。

今後ともプレゼントツリーをよろしくお願いします。

PT四季の森,新着情報 — present-tree @ 2020/07/29 03:54

7/20(月)「Present Tree in 笛吹芦川」、「Present Tree in笛吹境川」 新植栽地ダブル協定締結式を執り行いました!

こんにちは。

プレゼントツリー事務局です。

この度、山梨県笛吹市役所にて、プレゼントツリー国内第28、29ヶ所目となる2ヶ所の新植栽地の森林整備協定締結式を同時に執り行わせていただきました。

一ヶ所目となる植栽地は、「境川聖応寺」。こちらの植栽地は、やまなし森づくりコミッションが中心となり、締結式までの間、多大なるご協力いただきました。ここに心から御礼申し上げます。

左から:笛吹市長 山下政樹氏、弊所理事長 鈴木敦子、聖応寺 住職 御山永済氏、中央森林組合 代表理事組合長 米山敏彦氏、やまなし森づくりコミッション会長 山田一功氏(立会人)

地権者の聖応寺 住職の御山永済氏からは、「協定を結ぶことにより、この森を皆さんの役に立たせたい」とのご挨拶を賜りました。

こちらの植栽地は、順次ご案内できるかと思いますので、今しばらくお待ちくださいませ。

当日はテレビ山梨のカメラも入り、夕方6時のニュース番組で紹介されました。その模様はこちら:

************************************

山梨県二ヶ所目となる植栽地は、「Present Tree in笛吹芦川」。

左から:笛吹市長 山下政樹氏、弊所理事長 鈴木敦子、地権者 市川正安氏、中央森林組合 代表理事組合長 米山敏彦氏

地域によっては絶滅が危惧されている日本在来のすずらんの群生地にほど近いところに「Present Tree in笛吹芦川」はあります。満開を迎えた後のすずらん(満開後が一番香るそうです)は、それはそれは清楚で爽やか、甘さ控えめでキュートな香りです。

「Present Tree in笛吹芦川」は里親募集中でございます。皆様のご支援をお待ちしております。

「Present Tree in笛吹芦川」お申し込み、詳細はこちらから

PT笛吹芦川,新着情報 — present-tree @ 2020/07/21 06:46

令和2年7月大雨災害緊急支援【REVIVE JAPAN】基金へのご協力のお願い

こんにちは。プレゼントツリー事務局です。

この度の豪雨の被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
まだまだ油断できない日々が続きます。
くれぐれも御安全第一に、ご自愛くださいますようお祈り致します。

近年の度重なる豪雨災害を目にする度に、改めて強靱な森づくりの必要性をひし
ひしと感じ、一同気を引き締め直しているところです。

私共では、プレゼントツリーの森ゆかりの被災地への支援のため、REVIVE JAPAN基金を募っています。今般の「令和2年7月豪雨」においては、九州(球磨村・山都町・高原町)と飛騨高山にあるプレゼントツリー の森周辺で甚大な被害が出ています。
今日現在、ひとまず、森づくりの協働関係者の皆様の無事を確認しておりますが、 森そのものの確認はできておりません。当面は生活再建の支援、その後落ち着き次第、早急にプレゼントツリーの森の状況を確認し、強靱な森づくりへの支援を行いますので、併せてご協力をお願い申し上げます。

集まった支援金は、現地協働先を通じて災害支援に活用されます。

▼REVIVE JAPAN基金  寄附金のお申込み について

1.寄附金の種類
1000円/1口~お受けしております。

2.寄附金受領書
3000円以上のご寄付頂いた方には、寄附金受領書を郵送いたしますのでこちらからお問い合わせください。本寄附金は、寄附金控除の対象となりますので、確定申告時の添付資料として必要となります。

3.寄附金のお振込先口座
みずほ銀行 四谷支店 普通 No.8070123
口座名義:特定非営利活動法人環境リレーションズ研究所
トクヒ) カンキョウリレーションズケンキュウジョ

※お振込み名義の後に、RJ(Revive Japanの頭文字)をご入力の上、お振込みください。

REVIVE JAPAN基金の詳細についてはこちらから

REVIVE JAPAN,新着情報 — present-tree @ 2020/07/15 01:51

「Present Tree in くまもと山都」が熊本日日新聞へ掲載されました

こんにちは。プレセントツリー事務局です。

先日執り行われた新植栽地「Present Tree in くまもと山都」協定式及びプレセントツリー事業の記事が熊本日日新聞へ掲載されましたのでご報告いたします。

7月2日(木)熊本日日新聞より

「Present Tree in くまもと山都」は里親を募集中です。

この自然豊かな山都町の里山保全に皆様の温かなご支援をお待ちしております!

PTくまもと山都,新着情報 — present-tree @ 2020/07/09 03:40

熊本県山都町の新植栽地「プレゼントツリーinくまもと山都」がスタート!

こんにちは、プレゼントツリー事務局です。

6/30(火)熊本県上益城郡山都町役場にて、プレゼントツリーの国内27か所目となる新植栽地、「プレゼントツリーinくまもと山都」の協定式が執り行われました。

熊本県山都町は「九州のへそ」と言われています。その言葉通り、九州地方の真ん中に位置し、北は阿蘇山、南は九州山地に囲まれた、美しい町です。

昔ながらの景観が目の前に広がり、町の人が守る棚田には絶滅危惧種のトノサマガエルや日本メダカ、タガメなどが生息し、生物の多様性に富んだ環境です。

また、有機農業の発祥の地とも言われており、40年以上も前から取り組み、現在でも盛んに有機農業が行われている先進地です 。

棚田を見下ろす新植栽地「プレゼントツリーinくまもと山都」
棚田に隣接するビオトープ
樹齢6000年とも言われる「五百枝杉(いおえすぎ)」が弊立神宮の森を形成
矢部四十八滝の一つ、迫力満点、水量豊富な「五老ヶ滝」

日本人の心にしみるどこか懐かしい風景や希少な生態系を守るため、プレゼントツリーinくまもと山都では杉伐採跡地に広葉樹を植え、里山を維持し、今後10年間見守ってゆきます。

「Present Tree in くまもと山都」のお申込み、詳細はこちらから

山都町のPR動画も合わせてご覧ください。

皆様のご支援、ご協力を心よりお待ちしております!

PTくまもと山都,新着情報 — present-tree @ 2020/07/02 02:47