贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

三機工業様が「Present Tree in甲斐」で下刈イベントを開催しました!

2019年10月5日(土)「Present Tree in 甲斐」で、三機工業株式会社の社員37名様による第4回目の下刈りイベントを開催しました。

皆様、今年も下刈がいがあります。結構生えてますね。良い汗流して、頑張りましょう!

さて、きれいに刈れたでしょうか?皆様の頑張り具合が結果に出ます!

流石です!見違えるほどさっぱりしました!

毎年欠かさず、下刈草を行っていただいている「三機の森」の育成状況はとてもよく、のびのびと樹々が育っています。愛情がこもった森は必ず答えてくれますよ!

さて、一汗かいたところで、ランチタイム。

恒例の森林BBQです! 一仕事終えた後のお食事は 格別ですよね~

皆様、笑顔が素敵です!

さて、お腹もいっぱいになったところで、今回のイベントは終了です。

継続的に育樹活動をしてくださる三機工業様、心から感謝申し上げます。そして来年もまたお待ちしております。

また、当日の運営及び準備にご協力くださいました中央森林組合の皆様、ありがとうございました!

PT甲斐,新着情報 — present-tree @ 2019/10/11 12:44

アコーホテルズ植樹イベントを開催いたしました。

こんにちは。

プレゼントツリー事務局です。

2019年10月3日(木)アコーホテルズ×Present Tree in 中川を開催いたしました。

秋の植樹シーズンがやってまいりました。

今シーズン第一回目の植樹イベントはメルキュールホテルやイビススタイルズ等、世界規模で展開するホテルグループ、アコーホテルズ様ご一行と北海道中川町へ行ってまいりました。

中川町は人口約1600人ほどの小規模な町で、過疎化も進んでおり、かつて活気のあった酪農産業も、徐々に低迷し、今となっては遊林牧野が広がりつつあります。

プレゼントツリーでは、北海道大学の協力を得て、中川町と共にこの遊林牧野にアカエゾマツやヤチダモ等を植え、未来に受け継がれる森づくりをします。

一日の始まりは、このかわいらしいのどかな天塩中川の駅から始まります。アコーホテルズご一行様がはるばる札幌から宗谷特急に揺られ駅に到着されました。

バスの中では、中川町産業振興課 平木課長からご挨拶と植樹会場までの案内をして頂きました。天気にも恵まれ、途中天塩川がキラキラとその水面を輝かせています。中川町のパンフレットも配布頂きました。

さぁ、植樹会場に到着いたしました。バスは奥まで入れないので、入口でストップ。ご一行はそこから約5分ほど徒歩で奥の植樹会場まで向かいます。

途中、「ニオの森」の柱の前で記念撮影。

会場では、当所理事長 鈴木 敦子から開会のご挨拶と、北海道大学雨竜研究林長 吉田 俊也 教授に一言頂きました。

さぁ、植樹を始めましょう。まずは北海道大学中川研究林の方から、植樹指導を受けます。

本日植える苗は、ハルニエ、イタヤカエデ、クルミ、ヤチダモ、ミズナラ、キタコブシ、カツラ等、計130本です。

皆さん、黙々と植えていきます。

植樹が終わり、昼食会場へ向かいます、。今回中川町にご準備頂いたランチは「焚火ランチ」。焚火には既に中川町産ジャガイモがホイルに包まれ、蒸かされていました。その他、ソーセージ、ピッツァ、スープにミルク、バターやはちみつまで全て地元産です。木のお皿まで中川町の「KIKORI」ブランド。徹底していますね。流石です。そして、なんと美味しいこと!

ランチ中には、中川町 石垣町長にお越しいただき、歓迎のご挨拶を頂きました。

食後は、コーヒーを飲みながら、薪割り体験。初心者でも簡単に割れる道具でトライ!

さて、ランチの後は、フォーレストツーリズム。植樹前にご挨拶を頂いた北海道大学の吉田教授と、ランチをふるまってくださった中川町の高橋さんがガイドしてくださいました。

森の中に一歩踏み入れると、そこら中に、思わず触りたくなる鮮やかな赤色の植物。これは何と、触れるとかぶれてしまう「ウルシ」だそうです。どんぐりもたくさん落ちていて、今年は当たり年だそうです。

アコーホテルズご一行様も吉田教授と高橋さんの森林ガイドに興味津々。質問が飛び交います。

その後、一行は中川町のホテル「ポンピラアクアリズイング」にて休憩後、札幌行きの特急に乗り、お帰りになりました。

今回CSR活動としてご参加くださいましたアコーホテルズの皆様、ありがとうございました。来年もまたお待ちしております。

又、植樹イベント開催にあたり、ご協力いただきました中川町の皆様、及び北海道大学の吉田教授に心から御礼申し上げます。

PT中川,新着情報 — present-tree @ 2019/10/08 04:57

消費税率の改定に伴う商品価格の一部改定について

2019年9月1日

ご支援頂いている皆様へ

認定NPO法人環境リレーションズ研究所

消費税率の改定に伴う商品価格の一部改定について

拝啓

時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、消費税率の改定に伴い2019年10月1日から、環境リレーションズ研究所の提供する一部商品において、価格を下記の通り改定させていただきます。 今後とも内容の充実、品質の向上に努めてまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

敬具

1.改定実施日:2019年10月1日

2.対象商品、新価格

<フレーム>

・スギ間伐材フレーム : 3,600円/個

・パイナップルフレーム : 1,600円/個

<アクセサリー>

・GREEN : 13,200円/個

・EARTH : 14,300円/個

<環のはし>

・natural : 1,500円/膳

・urushi : 1,250円/膳

<オーナメント>

・kinpro リス : 510円/個

・東北グランマのクリスマスオーナメント : 1,100円/個

   

3.参考資料(外部リンク)

▼消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法及びガイドライン等について http://www.cao.go.jp/tenkataisaku/pdf/houritugl.pdf

▼新労務単価は公表以降最高に!https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000824.html

  

以上

新着情報 — present-tree @ 2019/09/01 10:17

「PresentTree」寄附金申し受け金額の改定について

 2019年9月1日

ご支援頂いている皆様へ 

認定NPO法人環境リレーションズ研究所

「PresentTree」寄附金申し受け金額の改定について

拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は私共の森林循環事業に対し格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、先に事業報告にてお知らせしたとおり、近年の度重なる自然災害により、想定外の現地視察並びに補植が重なり、また、プレゼントツリーの特徴である1本毎管理のためのプレート再装着等、森林整備補助事業外作業が増えております。更には、昨今の人手不足の影響により労務単価の高騰が続く中、プレゼントツリーに係わる人件費も例外ではありません。

これらを鑑み、約束期間10年間にかかる原価の目標値である「標準原価」と、実際に発生した「実際原価」を改めて精査したところ、これまでの申し受け金額では里親の皆様との約束期間満了までのコストを賄えないことが判明いたしました。

つきましては、2019年10月からの消費税率改正に伴うWeb申込みシステムの改訂に合わせ、以下の通り、プレゼントツリー1本あたりの寄附金申し受け金額を改定させていただくことに致しました。

皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

敬具

1.改定実施日:2019年10月1日

2.植栽地と新規寄付金額

  (2019年10月1日以降に決済(入金)いただいた場合)

・ 北海道中川【北海道】 :  4,500円/1本

・ 北海道中川【北海道】 (REVIVE JAPAN) :  4,950円/1本

・ ウルトラマンの森【岐阜】 : 10,000円/1本

・ みやぎ大崎【宮城】 :  5,000円/1本

・ みやぎ大崎【宮城】 (REVIVE JAPAN) :  5,500円/1本

・ 甲斐【山梨】 :  5,000円/1本

・ 甲斐【山梨】 (REVIVE JAPAN) :  5,500円/1本

・ 笛吹みさか【山梨】 :  5,000円/1本

・ 笛吹みさか【山梨】 (REVIVE JAPAN) :  5,500円/1本

・ 飛騨高山【岐阜】 :  5,000円/1本

・ 飛騨高山【岐阜】 (REVIVE JAPAN) :  5,500円/1本

 ※なお、PresentTree(プレゼントツリー)の寄付お申し込みで、100本以上の纏まった単位での証明書発行の場合には、別途ご対応させて頂きますのでこちらまでご一報ください。また、寄附金以外での経理処理の場合には単価が変わって参りますので、同じくこちらまでご一報下さい。

4.寄附金の使途
当初は、全体経費の50%が補助金によって賄われておりましたが、現状は約10%です。残りの9割が皆様からの寄附金で賄われています。

【2005年立上げ当初予算】

4.参考資料(外部リンク)
▼消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法及びガイドライン等について  http://www.cao.go.jp/tenkataisaku/pdf/houritugl.pdf 
▼新労務単価は公表以降最高に!https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000824.html

以上

新着情報 — present-tree @ 2019/09/01 12:00

Preset Tree in ひろの植樹経過報告

いつも応援ありがとうござます。プレゼントツリー事務局です。

梅雨も本格的になってまいりました今日この頃、いかがお過ごしですか?体調には十分お気を付けください。

さて、2016年に広野町の防災緑地に広葉樹5種( スダジイ・アカガシ・クヌギ・コナラ・エノキ) を植え 、早3年目を迎えております。

広野町は、福島県双葉郡の最南端、浜通り地方の南東部に位置し、強風の為、塩害による枯死が懸念されていましたが、NPO法人広野わいわいプロジェクトの協力により、全体踏査したところ、まったくその心配は無いとのご報告を頂きました。

以下は、6月2日に現地で撮影した苗木の写真になります。元気に育っているところをご覧ください。

PTひろの,新着情報 — present-tree @ 2019/06/21 02:11

2019年6月16日(日)「プレゼントツリーin みやぎ大崎」植樹イベントを開催いたしました(大崎市「市民の森づくり」共同開催)

こんにちは、プレゼントツリー事務局です。

6月16日(日)、宮城県大崎市にて第6回目となる植樹イベントを行いました。

一昨年より、大崎市内2か所目の植栽地として、鬼首の牧場跡を市よりご提供いただき、市とプレゼントツリーとの協働により、江合川の水源の森づくりを行っています。

今回は、雨模様の中、総勢165名の参加者に集ってもらい、約1,000本の苗木を植樹しました。

鳴子温泉駅からの車中、環境リレーションズ研究所 理事長 鈴木敦子から当日のスケジュール説明をさせていただきました。

環境リレーションズ研究所 理事長 鈴木敦子
「プレゼントツリーinみやぎ大崎」参加者の皆さん

徐々に天気も小雨になってきたころ、開会式会場に到着。

大崎市 伊藤市長が公務の為急遽欠席となられ、代わりに大崎市 産業経済部 世界農業遺産 推進監 武元将忠 様よりご挨拶を頂きました。

大崎市 産業経済部 世界農業遺産 推進監 武元将忠 様

続きまして、大崎市議会 後藤錦信 市議会議員に一言頂きました。

大崎市議会 後藤錦信 市議会議員

続いて当所 理事長 鈴木敦子よりご挨拶申し上げました。

嘘のように雨が上がり、この後続く植樹イベントに良い兆しです。

環境リレーションズ研究所 理事長 鈴木敦子

次に、来賓のご紹介をさせて頂きました。

林野庁 東北森林管理局 宮城北部森林管理課 森林技術指導官 我妻智浩 様、同じく主席森林官 藤井 巧 様、事務管理官 高梨 清美 様、総務グループ本田 祥子 様

林野庁 東北森林管理局 宮城北部森林管理課 森林技術指導官 我妻智浩 様、同じく主席森林官 藤井 巧 様、事務管理官 高梨 清美 様、総務グループ本田 祥子 様

続きまして、宮城県 北部地方振興事務所 林業振興部 林業振興班 班長 佐々木 周一様、同じく技師 成田諒平 様をご紹介。

宮城県 北部地方振興事務所 林業振興部 林業振興班 班長  佐々木 周一様、同じく技師 成田諒平 様

ここで、恒例の記念撮影となりました。

さて、ここからが本番です。大崎森林組合業務課 課長 平野克彦 様より苗木の植え方についてご指導いただきました。

大崎森林組合業務課 課長 平野克彦 様

植栽地に車で向かう途中、参加者の皆様には植える苗木の前に立てて頂く札に環境について思い思いの一言を書いて頂きました。

さぁ、何て書くのでしょう?

さぁ、植栽地へ行きましょう!雨も奇跡的に止みました!今のうちに植えてしまいましょう!

足元が悪いので、滑らないように!

いよいよ植樹スタートです!参加者の皆さん、頑張ってください!

またにわか雨が降ってきました。12時の時報も鳴りましたので、昼食会場に移りましょう。

心なしか、朝の車中より笑顔が目立ちます。気持ち良い汗をかかれたみたいですね。

昼食会場となりました「レストハウスかむろ」は、オニコウベスキー場内にあります。

今回は鳴子温泉のお米「ゆきむすび」を使用したモチモチのおむすびとレストハウスかむろで調理いただいた具だくさん汁でした。

お米「ゆきむすび」について、鳴子の米プロジェクト 高橋 宏幸 様よりお話を伺いました。ゆきむすびは予約で完売となってしまう希少米として知る人ぞ知るブランド米です。

鳴子の米プロジェクト 高橋 宏幸 様
ゆきむすびブランドの塩むすび
とても美味しかったです‼

皆さんの食事も終わり、ワークショップの時間がはじまりました。 大崎森林組合 業務課 技師 佐藤 勇也 様よりご説明頂きました。

大崎森林組合 業務課 技師 佐藤 勇也 様

今回は、寄木コースター作りとなりました。

寄木を上手く組み合わせて格子状のコースターをつくっていただきました。

コースターを作り終えた参加者の皆さんは閉会式までの時間を自由に過ごされました。

殆どの方がホテルオニコウベの温泉入浴を楽しまれたようです。

疲れた後の温泉は最高ですよね!

閉会式はホテルオニコウベのエントランスにて行われました。

参加者の皆様からイベントの感想を聞かせて頂きました。

大崎市職員の皆様、森林組合の皆様には参加者の方々から暖かい拍手が送られました。

最後に鳴子林業研究会連絡協議会 会長 大場 雅之 様より一言頂きました。

今回も多大なるご尽力を頂き、ありがとうございました!

鳴子林業研究会 連絡協議会 会長 大場 雅之 様

皆様、雨の中大変お疲れさまでした!次回の植樹イベントも是非ご参加くださいね!

スタッフ一同、お待ちしております!

PTみやぎ大崎,新着情報 — present-tree @ 2019/06/19 11:56

もうすぐ終了!Present Treeくじ付きネット募金

3月にスタートしたヤフー3.11企画には、もう申し込みをされましたか?
まもなく5月31日に受付が終了となります。Tポイントで1ptからでも気軽に参加できますので、ぜひこの機会にご参加ください。

なお、集まった寄付金は、東日本大震災の被災地にあるPresent Tree(宮城県大崎市, 福島県双葉郡広野町)での森づくりを通した地域振興のために使わせていただきます。
▽Present Treeくじ付きネット募金
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5006003/

ご寄付いただくと抽選でPresent Treeの協賛企業の商品が当たります!
新着情報 — present-tree @ 2019/05/28 10:53

ふくしまオーガニックコットンプロジェクト報告会2019が開催されました

こんにちは。プレゼントツリー事務局です。


2019年5月23日(木)、東京都渋谷区 の国連大学ビルにて、東日本大震災をきっかけに福島の農業再生を目指して立ち上がった「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」の報告会が開催されました。

60名程の参加者を迎えた本報告会に、「プレゼントツリーinひろの」として協力させて頂いている当所もご招待いただきました。

冒頭は特定NPO法人ザ・ピープル 吉田恵美子 理事長のご挨拶から始まりました。


特定NPO法人ザ・ピープル 吉田恵美子 理事長

「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」は5つの団体(活動)からなる活動です:

・特定NPO法人ザ・ピープル

・いわきおてんとSUN企業組合

・広野わいわいプロジェクト&プレゼントツリー

・天空の里山 里山ピカピカプロジェクト

・株式会社KITEN

復興を基に始めた活動ではありますが、震災から8年目を迎える2019年度以降は考えを新たに、ふくしまオーガニックコットンプロジェクトの在り方を変えて、その先に向けた努力をされています。

当所 理事長 鈴木敦子も報告会に参加し、福島県双葉郡広野町での植樹活動を報告させていただきました。数あるプレゼントツリーの森の中でも最も多くの連携により賑わい、創出を実践している事例として、このレポートを中心にお話させて頂きました。

環境リレーションズ研究所 理事長 鈴木敦子
参加者の皆様
オーガニックコットン製品

「プレゼントツリーひろの交流バスツアー」や、「福島を知るツアー」などで交流を深めてきた当所としても、この活動を応援していきたい所存です。

ふくしまオーガニックコットンプロジェクトの皆様、今後とも、よろしくお願いいたします。

<番外編>

テロ対策のため、植木や、障害物をなるべく置かない方針の国連大学ビル。

弊社の里山BONSAIパレットタイプを設置いただいて早2年!

やはり都会の景観にはグリーンがあると、いいですね。

里山BONSAIパレットタイプ
新着情報 — present-tree @ 2019/05/27 01:30

2019年5月16日(木)「Present Tree in笛吹みさか」そごう・西武労働組合さま 植樹イベント

こんにちは。

プレゼントツリー事務局です。

去る5月16日(木)、「プレゼントツリー笛吹みさかの森」にて、そごう・西武労働組合の皆様が植樹10周年イベントを開催されました。参加者17名で200本の広葉樹の苗木を植えました。

この日は、看板前での記念撮影から始まります。

天候にも恵まれ、心地良い風が吹いています。

皆様、素敵な笑顔ですね~

そごう・西武様は、2009年から10年に亘りお客様の「グリーンラッピング」「お中元お歳暮の簡易包装」「食品レジ袋のご辞退」のご協力を通じて、これまでに国内各地のプレゼントツリー植栽地に約1万4320本のご支援をいただいております。

先ずは、環境リレーションズ研究所 石森より、ご挨拶申し上げます。

次に、植樹方法の説明を、現地中央森林組合 参事の伊藤さんから聞いて頂きます。

皆様、熱心に聞いてくださっていますね。
ヘルメットと鍬を持ち、いざ山林の中腹へ。
さぁ、少し登りますよ~。足元にご注意を~。
植樹が始まります。目印の赤い棒を確認し、作業へ。

当地では3回目の開催となる今回は、ヤマザクラ・コブシ・コナラ・クリの苗を、合計200本植えていただきました。

皆さん、頑張ってますねー。

植樹した苗にはピンクのリボンを巻いて

水分補給も忘れずに

そろそろお昼の時間です。皆様、暑い中、植樹お疲れさまでございました!

昼食会場は、植栽地から15分ほどバスで移動したバーベキュー場です。

そごう・西武様で手配されましたこの会場、気持ちよかったですねー。

さぁ、皆様、無礼講です!乾杯!そして、いただきます!

食後は、行きの車内で行って頂いた、植樹クイズの結果発表と表彰式です。

株式会社そごう・西武 CSR・CSV推進室の薄井さまが結果を発表。

上位3名の正解者へは、環境リレーションズ研究所から、ささやかではございますが、吉野スギの端材を使って作成したお箸セットと、REVIVE JAPANのストラップをセットにしてお渡しいたします。

皆様、おめでとうございます!そして、プレゼントツリーのことをお勉強していただき、ありがとうございます!

この表彰式をもって、解散の時間となります。

今回も汗水流し、一生懸命植樹して頂き、そごう・西武労働組合の皆様には深く感謝いたします。

来年もお待ちしておりますね。

PT笛吹みさか,新着情報 — present-tree @ 2019/05/23 11:05

2019年5月12日(日)「Present Tree × Realの森for Wrangler」を開催いたしました

こんにちは、Present Tree事務局です。

曇りがちで気温も不安定な今日この頃、いかがお過ごしですか?

2019.5.12(日)「Present Tree × Realの森for Wrangler」を開催いたしました。 総勢100名のJeepオーナー様が28台のWranglerと共にご参加いただき、FCAジャパンの皆様を含め140名で550本の広葉樹の苗木を植樹しました。

FCAジャパンさんのCSV活動の一つ、植樹を通じた出会いから7年。これまでに累計2323本もの木を植えて頂いており、そのうちの1053本は山梨県笛吹市御坂町での植樹です。
この度、7年越しのお付き合いを経て、FCAジャパンさんとの共同開催をいたしました。

左から、環境リレーションズ研究所 理事長 鈴木敦子、石森英里、Sivans 森井さん、
FCAジャパン・マーケティング本部長のティツィアナ・アランプレセ さん、
FCAジャパン広報担当マネージャーの新海さん

開会式は、とても良い天気に恵まれ、弊社環境リレーションズ研究所 理事長 鈴木敦子からのご挨拶で始めさせていただきました。

右から中央森林組合の伊藤さん、FCAジャパンのティツイアナさん、弊団体の鈴木理事長

マツクイムシの被害にあった森は、再生が難しく、人の手を入れなければ被害が広がる一方です。そこで、木々を伐採し終えた山肌に、里山を構成する広葉樹の植樹をJeepオーナー様方にお手伝い頂くことになりました。 続いて、本趣旨に深い理解を示し、共感くださったFCAジャパン・マーケティング本部長のティツィアナ・アランプレセ様からもご挨拶をいただきました。

さて、本番はこれからです。 中央森林組合 参事の伊藤力様より、植樹の仕方をレクチャー。

参加者の皆さんは、急な斜面をもろともせず、植樹に励んでいます。最近の降水量が少ないせいか、土も乾いており、崩れやすい斜面です。

まずは穴を掘り…
そして植えます。
シンプルですが、丁寧に植えないと、簡単に引っこ抜けます。
ボク、一人で頑張ってますね~
素晴らしい笑顔をありがとう!
お腹の中の生まれてくる我が子の為に植樹をする、     なんて素敵なんでしょう!

皆さん汗だくになりながら、一本一本大切に植えてくださっていますね。ありがたいことです。JEEPオーナーさん達、森のビギナーとのことでしたが、なんの!なんの!終了時間が来ても「もっと植えたい」「帰りたくない」「次はいつ森に呼んでくれるのか?」などなど、嬉しいお言葉を沢山頂きました!

開会式でご挨拶いただいたティツィアナさんと弊社鈴木
Jeepブランドの広報担当マネージャーの新海さん

さぁ、そろそろお昼の時間です。会場に移動しましょう。

Wranglerが並ぶ横にテントを張り、BBQ会場が出来ています

ランチはFCAジャパン様のこだわりで、「地産地消BBQ」です。地元の野菜たっぷり、お肉たっぷり、牛スジカレー、スープにフルーツ、フレーバーウォーター(おしゃれです)まであります。

テントの下で一休み
うわーっ!おいしそう!
皆さん、美味しいですか?

午後はワークショップの時間です。

今回のお題はお箸作り。皆さん時間を忘れ、端材を使ったマイ箸作りに没頭。

ある程度好みの形になったら、クルミ油でワックスがけです。

マイ箸作りのご説明
さぁ、お箸のベースとなる端材と削り台を選んで…
ひたすら削ります!
皆さん、楽しそうですね!

ワークショップ中、弊社理事長 鈴木はインタビューを受けておりました。

インタビュー中の環境リレーションズ研究所理事長  鈴木敦子

さぁ、お箸も作れたので、集合写真を撮りましょう!

ドローンも飛んでいます。ドローンに向かって手を振って!

閉会式では、FCAジャパンで、Jeepブランドの広報を担当するマネージャーの新海宏樹様からJeepオーナー様達へご挨拶がありました。

Jeepブランドを支える広報マネージャーの新海宏樹さん

Jeepブランドさんとの共催で叶った今回の植樹イベント「Present Tree × Realの森for Wrangler」。今後も森林再生にとどまらず、地域振興の手助けとなる活動を是非FCAジャパンさんと継続していきたい所存です。

PT笛吹みさか,新着情報 — present-tree @ 2019/05/15 05:52