贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

アコーホテルズ植樹イベントを開催いたしました。

こんにちは。

プレゼントツリー事務局です。

2019年10月3日(木)アコーホテルズ×Present Tree in 中川を開催いたしました。

秋の植樹シーズンがやってまいりました。

今シーズン第一回目の植樹イベントはメルキュールホテルやイビススタイルズ等、世界規模で展開するホテルグループ、アコーホテルズ様ご一行と北海道中川町へ行ってまいりました。

中川町は人口約1600人ほどの小規模な町で、過疎化も進んでおり、かつて活気のあった酪農産業も、徐々に低迷し、今となっては遊林牧野が広がりつつあります。

プレゼントツリーでは、北海道大学の協力を得て、中川町と共にこの遊林牧野にアカエゾマツやヤチダモ等を植え、未来に受け継がれる森づくりをします。

一日の始まりは、このかわいらしいのどかな天塩中川の駅から始まります。アコーホテルズご一行様がはるばる札幌から宗谷特急に揺られ駅に到着されました。

バスの中では、中川町産業振興課 平木課長からご挨拶と植樹会場までの案内をして頂きました。天気にも恵まれ、途中天塩川がキラキラとその水面を輝かせています。中川町のパンフレットも配布頂きました。

さぁ、植樹会場に到着いたしました。バスは奥まで入れないので、入口でストップ。ご一行はそこから約5分ほど徒歩で奥の植樹会場まで向かいます。

途中、「ニオの森」の柱の前で記念撮影。

会場では、当所理事長 鈴木 敦子から開会のご挨拶と、北海道大学雨竜研究林長 吉田 俊也 教授に一言頂きました。

さぁ、植樹を始めましょう。まずは北海道大学中川研究林の方から、植樹指導を受けます。

本日植える苗は、ハルニレ、イタヤカエデ、クルミ、ヤチダモ、ミズナラ、キタコブシ、カツラ等、計130本です。

皆さん、黙々と植えていきます。

植樹が終わり、昼食会場へ向かいます、。今回中川町にご準備頂いたランチは「焚火ランチ」。焚火には既に中川町産ジャガイモがホイルに包まれ、蒸かされていました。その他、ソーセージ、ピッツァ、スープにミルク、バターやはちみつまで全て地元産です。木のお皿まで中川町の「KIKORI」ブランド。徹底していますね。流石です。そして、なんと美味しいこと!

ランチ中には、中川町 石垣町長にお越しいただき、歓迎のご挨拶を頂きました。

食後は、コーヒーを飲みながら、薪割り体験。初心者でも簡単に割れる道具でトライ!

さて、ランチの後は、フォーレストツーリズム。植樹前にご挨拶を頂いた北海道大学の吉田教授と、ランチをふるまってくださった中川町の高橋さんがガイドしてくださいました。

森の中に一歩踏み入れると、そこら中に、思わず触りたくなる鮮やかな赤色の植物。これは何と、触れるとかぶれてしまう「ウルシ」だそうです。どんぐりもたくさん落ちていて、今年は当たり年だそうです。

アコーホテルズご一行様も吉田教授と高橋さんの森林ガイドに興味津々。質問が飛び交います。

その後、一行は中川町のホテル「ポンピラアクアリズイング」にて休憩後、札幌行きの特急に乗り、お帰りになりました。

今回CSR活動としてご参加くださいましたアコーホテルズの皆様、ありがとうございました。来年もまたお待ちしております。

又、植樹イベント開催にあたり、ご協力いただきました中川町の皆様、及び北海道大学の吉田教授に心から御礼申し上げます。

PT中川,新着情報 — present-tree @ 2019/10/08 04:57

北海道中川町の植樹祭に参加してきました!

10月21日(日)10時、秋晴れの美しい空が広がる中、第10回なかがわ植樹祭がスタートしました!

中川町在住者を中心に約100名の方々が参加して、ミズナラ、キタコブシ、ヤチダモ、カツラ、エゾヤマザクラ計5種類の苗木を約500本植えました。来年の「Present Tree in 中川」の植樹地もここ、「ニオの森」で開催されます。

 

 

 

   

 植樹後には、町の婦人会が用意下さった手作りの豚汁とおにぎりをほおばりながら、町の方々との交流は、とても楽しいひと時でした。

 

植樹祭終了後は、町役場の方々が中川町を案内してくれました。

最初に訪れたのは、中川町産木材を使った地元の木工作家の工房です。建築木材として使用できない木(虫食いや曲った木など)の性質をそのまま生かし、約2か月ほどかけて、一つ一つ丁寧に作り上げていきます。できる限り無駄のないよう削り残しの廃材は、チップにして公園に敷くそうです! 

  

木工作家の高橋綾子さんの工房と作品

 

 白樺とオニグルミを使った 樹皮細工( 田代 絵美さんの作品)

 

道北に豊富にある根曲がり竹を使って籠を編んでいる勝籠さんの作品と工具。

この道60年の大ベテランです!

車で移動中に、エゾシカ、キタキツネ、オジロワシなどが次々に登場!思わず車を止めて撮影しました。

 

中川町では、町有林に試験場を設けて、地域在来の広葉樹の育成にも取り組んでいます。

 

中川町は、人口1600人のとても小さな町ですが、「森林文化の再生」を目指して色々な取り組みに挑戦しています。ぜひ、見所満載な中川町にお越し頂きたいと思います。

レトロ感満載の中川町駅

PT中川,新着情報 — present-tree @ 2018/10/24 04:41

「Present Tree in 中川」の森林整備協定調印式が行われました!

いつも応援ありがとうございます。Present Tree事務局です。

10月22日(月)、北海道中川町役場において、「Present Tree in 中川」の森林整備協定調印式が行われました。Present Treeの国内26エリア目の植栽地となります! 

協定式の会場となった中川町役場

中川町では、新しい林業の在り方を模索、さまざまな新しい取組みを推進しています。その一環で、地域の森の生かし方の1つとして、Present Tree(プレゼントツリー)のコンセプトに強く共感し、今般の協定に至りました。町有林の経営にNPOが参加するのは、初めてのケースです。

締結式には、中川町/川口町長、北大研究林北管理部/吉田部長と当所理事長/鈴木が出席し、3者間で今後10年間の森づくりをともに実施していくことを誓いました。

左から北大研究林北管理部/吉田部長、当所理事長/鈴木と中川町/川口町長

関係者全員で記念撮影

「Present Tree in 中川」」へご支援、ご協力どうぞよろしくお願い申しあげます。

詳細お申込みは、こちらから↓

https://presenttree.jp/lineup/lineup24.html

PT中川,新着情報 — present-tree @ 2018/10/24 01:36

北海道 中川町における町営林経営に、初のNPO参画! ~ 記念樹による森づくり「Present Tree in中川」里親募集 ~

平成30年10月22日

各 位

認定NPO法人環境リレーションズ研究所

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

北海道 中川町における町営林経営に、初のNPO参画!

~ 記念樹による森づくり「Present Tree in中川」里親募集 ~ ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 認定NPO法人環境リレーションズ研究所(東京都千代田区、理事長:鈴木 敦子)では、13年間継続運営してきた、森づくりと地域振興を結びつける事業「Present Tree(プレゼントツリー)」のスキームを使い、北海道中川町の町営林経営に参画するために、中川町(町長:川口精雄)と北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション北管理部(北管理部長(兼)・教授:吉田 俊也)の間で今後10年間の森林整備協定を締結、本日より里親募集を開始いたします。

 「Present Tree(プレゼントツリー)」は2005年1月に始めた取り組みで、「人生の記念日に樹を植えよう!」を合言葉に、大切な人や自分自身のために記念樹を植え、森林再生と地域振興につなげます。今までに、災害により被害を受けたところ、植栽が放棄されたところ、山火事や風倒被害で森林が消失したところ、里山として保全していくべきところ、水源の森として維持していくべきところなど、それぞれの理由により植林が必要な場所(国内25カ所)で活動を展開してまいりました。その殆どは、少子高齢化が進んでいる地域にある一方、記念樹を植える里親の方々の殆どが首都圏を中心とした都市部の人達です。都市部の人達が、記念樹を持つことでその森を訪れ、都市と森との交流がはじまること、その交流人口増大のための拠点を担い地域を元気にしていくこと、がPresent Tree(プレゼントツリー)の狙いであり、新たな森の付加価値づくりに挑戦し続けています。

 中川町では、古くから天然広葉樹主体の森林経営を進めている中、パルプ原料にしかならないとされてきた町有林の天然広葉樹の価値を再評価し、新しい林業の在り方を模索、町内外の若手林業家や家具職人とのネットワークづくりなど、さまざまな新しい取組みを推進しています。その一環で、地域の森の生かし方の1つとして、Present Tree(プレゼントツリー)のコンセプトに強く共感し、今般の協定に至りました。町有林の経営にNPOが参加するのは、初めてのケースです。

 「Present Tree in 中川」では、1口1本3,500円を寄附し苗木の里親となることで、北海道中川町の遊休公共牧野に、オニグルミやヤチダモ、アカエゾマツを植樹する森林再生活動に10年間参加することができます。寄附金は植栽やその後10年間の保育管理など1本1本の樹が大きく生長するために使用され、里親の皆さんには植林証明書が届けられます。

 中川町は、酪農が盛んな地域でしたが、過疎化や人口減少が進み、かつて放牧地として造成された公共牧野(町が運営する牧場)は、その役目を終え、原野化しています。牧草の種は非常に強く、放置していても森に還ることはありません。そこで、「Present Tree」 では中川町と北海道大学、そして地元で「木こり」と呼ばれ親しまれている若手林業家の協力の下、生物多様性に配慮し、天然更新力を生かした、経済的にも環境的にも持続し得る新しい森林文化の創生に取り組みます。100年後まで、中川町が脈々と受け継いできた天然広葉樹林が存続し続けるため、苗木の里親と町民との交流イベントを継続的に開催することより、植樹や育樹の作業を通して、町民と都市部市民との交流人口の増大と中川町の振興にも寄与していきたいと願っています。

 これまで、Present Treeでは北海道から九州まで国内25箇所、海外2箇所で森林再生プロジェクトを進めており、現在までの支援者数は約528万人、植栽本数は約17万1千本におよびます。認定NPO法人環境リレーションズ研究所では、今後も様々な理由で森林再生が必要とされている土地において、「プレゼント」を切り口に気軽に参加できるエコアクションを提供してまいります。また、個人、企業問わず、この活動に賛同いただける方を随時募集していきます。

 

Present Tree in 中川 申込ページ 

 https://www.presenttree.jp/order/products/detail.php?product_id=262

 

  Present Tree(プレゼントツリー)とは? 「人生の記念日に樹を植えよう!」を合言葉に、大切な人や自分自身に記念樹を植えて、森林再生と地域振興につなげていくプロジェクトです。植栽地は、国内外にある荒廃林や植栽放棄地、台風や火災の被災林等森づくりが必要とされる土地。主に都市の人びとに苗木の里親になってもらい、その苗木を介して縁のできた中山間地域との交流人口を増やすことによって、森だけでなく地域も元気にしていきます。 植えた苗木には1本1本ナンバープレートが装着され、10年間森になるまで大切に育てます。苗木の里親になった方には、ナンバープレートの番号が記された「植林証明書」と贈り主からのメッセージカードが届きます。

プレゼントツリー公式HP  https://www.presenttree.jp/

 

 

※本件については、本日下記の記者クラブに資料を配布させていただいております。

環境省記者クラブ・環境記者会・林政記者クラブ

 

 

<参考資料>

■商号:認定NPO法人環境リレーションズ研究所

■役員構成:

 理事長:鈴木敦子、副理事長:金子篤史、理事:中村則仁、理事:相田一成、 監事:原元利浩、事務局長:鴨崎志保

■住所:〒101-0052 京都千代田区神田小川町2-3-12 神田小川町ビル8階

■電話:03-5283-8143  FAX: 03-3296-8656

■URL:http://www.env-r.com/

■設立:平成11年10月~任意団体としてスタート。平成15年9月、内閣府より認証を受け、全国展開を前提とした特定非営利活動法人となる。平成22年4月より、国税庁の認定を受け「認定NPO法人」となる。

■業務協力先:公的機関、国立大学法人、森林組合、シンクタンク、環境調査企業、製造業等   

 お問い合わせ先 認定NPO法人環境リレーションズ研究所 

 担当: 鴨崎 TEL:050-3754-3116 e-mail: ptmail@presenttree.jp 

PT中川,新着情報 — present-tree @ 2018/10/22 09:30