贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

「佐渡の森づくりを考える集い」@佐渡市に参加しました

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

昨日は「Present Tree for トキ」の植栽地のある、新潟県佐渡市に行ってきました。下の画像は、牡蠣の養殖がさかんな汽水湖(筏がたくさん浮いています)「加茂湖」湖畔から大佐渡山脈を撮影したものです。雪の積もった山の稜線が美しいですね。

出張の目的は、佐渡市内の林業関係者や森づくり活動を実践されている方々のための「佐渡の森づくりを考える集い」に参加するためです。主に島内で行われている事例紹介や意見交換が行われました。そして、2008年に活動をスタートした「Present Tree for トキ」の事例もご紹介いただきました。 

会場は、Present Tree植栽地が2ヶ所ある平野部の新穂(にいぼ)地区にある「トキのむら元気館」。大佐渡山脈と小佐渡山脈にはさまれた国仲(くになか)と呼ばれる地域の一画で、野生のトキが生息し、住民の方々はトキの保護に非常に熱心です。

参加者は100名を越えました。全国各地の例にもれず、参加者はご高齢の方がほとんど。林業や森づくりに関わる方々の高齢化の現状を、目の当たりにしました。

ご当地でPresent Treeの森の保育管理を続けて下さっている各森林組合でも、構成員の減少や高齢化が深刻な問題となっています。本セミナー終了後、協働先の森林組合様とのミーティングの間も、その厳しい状況について詳しくお話を伺うことができました。組合や個人が所有している森の木が伐期を迎えているのに材として出せない(売れない)、手入れをしたくてもマンパワーがない、等々。そういった中、Present Tree植栽地では、最近、島内の若手グループのボランティアの皆さまが、傾斜の厳しい箇所の下刈り作業等をお手伝いくださっています。これからも、このように新しい連携が生まれてくることを期待したいと思います。

 

ミーティングと森林組合事務所へのご挨拶に時間を要し日も暮れてしまったので、生憎、今回は植栽地を視察することはできませんでした。桜の咲いたころに、現地協働者の方に画像を送っていただこうと思います。

PT佐渡トキ — present-tree @ 2017/02/17 04:48

「Present Tree for トキ」植栽地視察のご報告

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

去る5月11日(水)2年ぶりに「トキの羽ばたく森(Present Tree for トキ)」のある新潟県佐渡島に行ってきました!(またしても、日帰りでの強行スケジュールでした(泣))

島内3ヶ所すべての植栽地を、植栽後継続して保育管理をお願いしている地元協働者の皆さまと視察しました。いずれの植栽地にも、トキが野生復帰した際の営巣木となるように「にいがた千年松」と、佐渡の木である「アテビ」(ヒノキアスナロ)を中心に植えました。「にいがた千年松」は、マツクイムシ被害の抵抗性アカマツで、新潟県で開発された樹種です。

植栽後7年経過した昨年、各植栽地の枯損木調査を実施していただき、経年による退色や破損したプレートを金属性のものに交換しました。

 IMG_6077 IMG_6012

おしなべて「にいがた千年松」の生長ぶりは目覚ましいようです。「アテビ」は、一部コウモリガの幼虫による穿孔と食害による立ち枯れが見受けられました。

もともと保険分として20%以上増しの本数を植えましたが、それでも天候の問題や土壌の条件、上記のような食害により必要本数が満たないものもありました。今年秋には、補植作業をさせていただく予定です。

 IMG_6070 IMG_6068

(↑ 左・右とも「にいがた千年松」)

IMG_6032 IMG_6031

(↑ 左:アテビ(ヒノキアスナロ) 右:付替えた金属製プレート)

当日は、時折強風が吹きつけたり霧がたちこめたりと、不安定な天候でしたが、継続的に森の保育管理を担ってくださる地元の地区長様や森林組合様、行政の皆さまととても意義のあるお話ができました。皆さま、高齢化や後継者不足には、とても頭を悩まされているご様子でした。 

日頃のご協力はもちろんのこと、ご自身の農漁業作業のお忙しい中、長時間お付き合いいただいたことに心より感謝申しあげます。実は、地元協働先の皆さまの多くは、林業と漁業や農業を掛け持ちされているのです。で、1件目のお打合せ場所は、漁港事務所でした(^^;)))

IMG_5991 DSC_0331 

 帰りには、植栽地内で採取してくださったゼンマイを沢山いただき、皆さまの温かさや森の恵みにも感謝感謝な私たちでしたv(^^)v

 IMG_6075

次回訪れる時は、なんとしても最低1泊はして、佐渡島まるごと満喫したいです!

 

PT佐渡トキ — present-tree @ 2016/05/26 07:28

「Present Tree for トキ」植栽地から桜だより

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

「Present Tree for トキ」植栽地のヤマザクラが、花を咲かせましたv(^^)v

協働先の新潟県佐渡地域振興局の方が撮ってきて下さいました。どうもありがとうございました!

これらは2008年秋に植えたものです。立派になって可憐な花を咲かせてくれて、感慨ひとしおです。

(①-1)DSCF2781 - コピー

(②-2)DSCF2792 - コピー  (①-4)DSCF2784 - コピー

(①-3)DSCF2783 - コピー

 

 

 

 

 

PT佐渡トキ — present-tree @ 2016/04/18 12:00

「Present Tree for トキ」植栽地視察のご報告

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

去る4月22日(火)「Present Tree for トキ」植栽地のある新潟県佐渡島に行ってきました!例によって、日帰りでの強行スケジュールでした(><)

新潟港から佐渡島の両津港までは、ジェットホイールで65分。波はおだやかで、快適な船の旅でした。

DSC_0139  IMG_2977

植栽地は島内に3ヶ所あります。新潟県佐渡地域振興局の方々に、お車で同行いただきました。

最初の視察は、2008年秋に植樹イベントを開催した第2植栽地。イベント当日の画像と比べると、苗木の生長の様子がよくわかります。

2-1  2-1B

植えてから6年目を迎え、理事長/鈴木の背丈を超える新潟千年松の樹も多くありました。

2-2  2-3

続いては第3植栽地。新穂ダム湖からほど近いところにあり、やや急峻な地形です。植栽地入口では、サクラが満開でした。佐渡市の木であるアテビ(ヒノキアスナロ)の苗木は、ゆっくりと生長しているようです(下の画像右)。

3-1  3-2

最後に訪れたのは第1植栽地。第3植栽地からほど近いところにあり、トキ野生復帰ステーションもすぐ近くです。3ヶ所のなかでは、こちらの植栽地での新潟千年松の生長ぶりが一番のようです。

1-1  1-2

全植栽地を視察した後は、佐渡市役所を訪問。里親さんに現地だけでなく佐渡の良いところをたくさん見ていただきたいですね、と話が盛り上がりました。

そして日帰り出張ゆえ、最終のジェットホイールを目指します。両津港に向かう途中、ちょっとだけ加茂湖畔に寄り道。汽水湖でカキが有名なこちら、湖畔には大量のカキの殻が。そして、夕陽に映える満開の桜を満喫したのでした。

IMG_3103

 

PT佐渡トキ — present-tree @ 2014/04/23 12:00

トキの羽ばたく森 佐渡植樹会のご報告

  こんにちは。プレゼントツリー事務局です。

プレゼントツリーの植栽地である新潟県・佐渡市にて、10月31日(土)に植樹会を行いました!

お天気が心配されましたが、当日は晴れて予想以上に暖かく、絶好の植樹日和となりました。
今回は、トキの営巣木の一つであるアカマツの苗木を200本植えました。
今回は、東京などからの参加者と地元の方々が集まり、一緒に植樹作業を始めると、
2時間を予定していた作業時間が1時間ほどで、200本すべての木が植わってしまいました!

ご参加いただいた皆様、ご協力くださった地元の皆様、どうもありがとうございました!


鍬を手に、1本1本植えていきます。

植えたばかりの苗は、まだこれ位の背丈です。

今回植樹を行った山の風景です。紅葉する木々もちらほら見えます。

昨年植えたアテビは、ここまで成長しました!

アカマツの木の成長も負けてはいません。

昨年の植栽地全景です。トキの羽ばたく森として、引き続き見守っていきます。

今後とも、皆様の温かいご支援を、どうぞよろしくお願
いいたします。

PT佐渡トキ — ptblog @ 2009/11/13 10:46