贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

9/27(火)企業CSR担当者セミナー「これからの企業と森の関わり方」開催!

環境リレーションズ研究所事務局より、セミナーのお知らせです。
Tobimushiさん主催で9月27日(火)、港区エコプラザでセミナーを開催。
当団体の”Present Tree”も登場!
企業のCSRご担当者様向けセミナーです。どうぞお早めにお申し込みください。

====================================

9/27(火)企業CSR担当者セミナー「これからの企業と森の関わり方」開催

9/27(火)、企業のCSR担当者の方向けに、国際森林年特別セミナー「これからの企業と森の関わり方」を開催します。

今年2011年は、国連が定めた国際森林年。
いま企業はなにができるのか、すべきなのか。
東日本大震災の発生により、地域の自律性やエネルギーや食の問題が
見直される今あらためて、企業が森に取り組む意味を考えます。
その本質的な意味を理解し、これまで森林の保全や活用に取り組んできた
実績豊富な団体と企業の事例を知ることで、
あなたの企業にあった事業やCSR活動を、明日から実践することができます。

◎日時:2011年9月27日(火) 13:30-16:30(13:00開場)

◎場所:港区立エコプラザ(港区浜松町1-13-1)

◎定員:30名(先着順・1社2名まで)
  ※ 定員になり次第締め切ります。お早めにお申し込みください。

◎プログラム
国際森林年特別セミナー「これからの企業と森の関わり方」
 1.「今こそ、企業が森に取り組む意味」
    竹本吉輝(株式会社トビムシ/ワリバシカンパニー株式会社代表)
 2.「企業の森の取り組み、これまでとこれから」
    池田正昭(毎日アースデイ株式会社代表/美しい森林づくり企画運営委員会委員/
          木づかい総合対策ステアリング・コミッティー委員)
 3.ケーススタディ1 moreTrees
    カーボンオフセットやクリック募金等のプログラムによる
    企業の事業・ブランドを通じた森づくりの事例紹介
 4.ケーススタディ2 Present Tree
    企業とのタイアップによる製品・企画連動型植林プロジェクト事例の紹介 
 5.ケーススタディ3 tobimushi
    地域での森林ビジネスやツアーを通じたステークホルダーとの関係構築、
    間伐材割箸を活用した気軽でユニークなCSR活動事例の紹介
 6.質疑応答、懇親会

◎対象
 CSRの取り組みのネタ不足、社有林の活用、社員の環境教育、
 本業に寄与するCSR活動などにお困りの企業のCSRご担当者さま
 ※原則、企業のご担当者の方の参加のみの受付とさせていただきます。

◎参加費:資料代1000円(当日集金します)

◎参加特典:
・森の恵みから生まれた有機野菜の軽食付き
・お土産として国産間伐材ワリバシお試しセットプレゼント

◎お申込み:
 メール info@tobimushi.co.jp
 (@マークが全角になっています。半角になおして送信してください)
 件名に【森林CSRセミナー申込】と明記のうえ、以下の必要事項を記載してお申し込みください。

――――――――――――――――――――
お申込
 お名前:
 貴社名:
 部署名:
 役職:
 電話番号:
 メールアドレス:
 本セミナーではどのようなことを知りたいですか?(自由記述)
――――――――――――――――――――

※当日どうしてもご参加できない方へは、後日、当日の資料の1部をお送りします。
 上記申し込み必要事項をご記入の上、件名を【森林CSRセミナー資料請求】としてお送りください。

◎ご注意
・セミナーの録音、撮影はご遠慮ください。
・プログラムは変更になる可能性がございます。
・開催可能な人数に満たない場合は、開催を中止、または延期させていただく場合がございます。
・同業の方、またはセミナー参加対象者でないと当社で判断した場合は、お断りする場合がございます。
・お申し込み多数の場合は、抽選、または1名/社へ制限させていただく場合がございます。

◎お問い合わせ
 株式会社トビムシ 03-6240-1064

新着情報 — ptblog @ 2011/09/15 05:31

No コメント »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)