贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

「甲斐善光寺の森」第2回植樹イベント開催しました!

 こんにちは プレゼントツリー事務局です。

5月19日(日)、週半ばくらいまでの天気予報がまるでうそだったかのように、晴天に恵まれたこの日、「Present tree for 甲斐善光寺の森」で第2回植樹イベントが開催されました。

(金堂内部より山門を見る)

参加者は市内外から総勢110名。善光寺に集合し、開会式はなんとなんと、善光寺様のご厚意により、重要文化財の金堂のなかで行わせていただきました!おごそかな雰囲気に心が引き締まるとともに、仏様に見守られているようなありがたさも感じ、とても不思議な感覚でした。

当日ご出席かなわなかった甲府市長/宮島様からは、植樹イベント開催にあたり、お祝いの電報が寄せられました。

※通常お堂内での撮影は禁止ですが、今回は、ご住職より許可をいただいた者のみで撮影させていただきました。フラッシュ撮影はしておりません。

開会式が終わって、植樹会場まで徒歩で移動。約10分の道のりを、わくわくしながら歩いていきました。

当日植える苗木は、ヤマザクラ約1,000本。全2.3haの植栽計画のうち、約1.3ha分の植樹は昨年完了。植樹イベントでは、今年の植栽計画1haのうち0.6ha分を参加者が植樹します。

(植樹する苗木の一部)


(中央森林組合/伊藤参事より、丈夫に育つ植え方のインストラクション)

また、明治神宮の森のドングリから苗木を育てている「NPO法人響」様には、30本のコナラの苗木を植えていただきました。

9班に分かれてそれぞれの担当エリアに移動する前に、全員で集合写真の撮影!

山に入る前には、全員が安全のためヘルメットを被ります。また、この時期はダニ等の虫が発生しているので、全身に虫よけスプレーを噴射します。

いざ、出動!いちばん遠い班は、20分くらい登ったでしょうか。

小さいお子様も大勢参加してくれました。今回の植樹エリアは山の上の方にあるため、到着するだけでもひと苦労。でも、大人も子供も本当に頑張ってくれました。

担当エリアの植樹を終えて、汗びっしょりになりながら、班ごとに下山です。

今回、山の道沿いでは「森のクイズ」が13問出されていました。樹種を当てるクイズで、質問が13本の木にくくりつけられています。ヒント付きの3択ですが、かなりユーモラスなヒントも(^^; 山に入る前に渡された回答用紙に、備え付けのえんぴつで答を書いていきます。

意外に難しかったようで、全問正解者はゼロ。最高は12問正解でした。クイズ正解率が優秀な参加者様には、「やまなし森づくりコミッション」から素敵な賞品が贈られました。

下山した人から、お昼の「ほうとう」をいただきます。昨年に引き続き、今年も中央森林組合/雨宮様のお母様特製!いつも美味しいと大評判です。

一緒に植樹した仲間でいただくお昼は、サイコーに美味しいですね。汗をかいた後の、ちょっと濃い目の味付けはからだにやさしいです。

そして、こちらも昨年にひき続き、地元老舗ワイナリー「サドヤ」さんのワイン試飲&販売会。こちらも大好評!

予定を変更して、お昼の後は閉会式となりましたが、希望者は残って「マイ箸づくり」に挑戦しました。今回の材料は、ヤマザクラとキハダ。キハダは少し柔らかいので、お子様でも扱いやすかったようです。

ご参加いただいた皆様、準備から当日の運営までご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

皆様の手で植えた苗木が生長し、春には花、夏には深緑、秋には紅葉、と四季それぞれの美しさで、地元の方や訪れる人が安らげる森になっていくことを願ってやみません。また、人だけでなく、多くの生きものが共存できる豊かな森になってほしいと思います。

<ご参加いただいた企業様(敬称略)>
株式会社ブロードリーフ、株式会社そごう・西武

★おまけ

(ぶどうの実、まだちっちゃい)

(ぶどう畑と富士山)

PT山梨甲斐善光寺 — ptblog @ 2013/05/21 07:41

No コメント »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)