贈り物に樹を植えよう!
プレゼントツリーのブログ

贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ

ここは認定NPO法人環境リレーションズ研究所が運営する、
植林プロジェクト「プレゼントツリー」のブログです。

» Present Tree Webサイト

» 環境リレーションズ研究所

» 環境ビジネスエージェンシー

Sansan様が「Present Tree in 宮古」で5回目の植樹イベントを開催されました

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

7月1日(日)クラウド名刺管理サービスを提供するSansan株式会社様が、「Present Tree in 宮古」で5回目となる植樹イベントを開催されました。

Sansan様には、「Scan for Trees」というお取組みを通じて、Present Tree をご支援いただいています。「Scan for Trees」開始にあたってお約束いただいた1ha分の本数に、今年5月のご支援分をもって達成されました。(「Scan for Trees」についてはコチラ

金曜日は大雨だったとのことですが、当日は絶好の晴天に恵まれ(に加え、想像を超えた暑さ!)、社員の皆さまとお子様の計19名にご参加いただきました。会場には、出来立てほやほやの「名刺の森」看板がだ~ん!「KIKORI アート倶楽部」三上様渾身の作・チェーンソーカービングによるふくろうが看板の上に鎮座し、皆さまをお出迎えしてくれました!

  

植えた場所は、標高1,035m地点。早池峰山や北上山地が見渡せます。今回は女性の参加も多かったのですが、用意した200本のミズナラの苗木を、手際よくしかも丁寧に植えて下さいました。日陰が全くない暑い場所で、本当にお疲れ様でした!

  

  

  

そして今回はスペシャルメニュー。参加者全員にそれぞれ1枚のナンバープレートを付けていただきました。最後の番号「2542」のプレートは、きっと80年後位にここが立派な森になっていることを確認してくれる、もうすぐ4歳になるという男の子に託しましたv(^^)v

  

さて、植樹作業のあとはお待ちかねのBBQランチです。毎回新鮮で抜群に美味しい貝類やお肉をご用意いただきましたが、今回はさらにパワーアップのスペシャルメニュー💛 宮古市の職員の方がこの日のために釣って下さったイワナとヤマメを塩焼きで、そして今が旬のホヤの生食!心づくしのおもてなしに、参加者の皆さまのみならず、スタッフまでも感動。岩手の人は、本当に温かい!感謝、感謝です。

 

  

そして昼食のあとは、ガイド付きの自然観察会へ。木陰がまったくない植栽地と比べ、自然観察会で訪れた広葉樹の豊かな森の中はとても爽やか。ハルセミやヒグラシの鳴き声や野鳥の囀りで、さらに清涼感が増します。男の子はエゾハルセミの抜け殻を発見したみたいです。そして、閉伊川の水源のひとつ「かぶと清水」で冷たいお水を飲んだり、ペットボトルに入れたりして、森の恵みを存分に感じることができました。

  

  

約1時間半の自然観察を終え、これにて全プログラムが終了。参加者の皆さまはバスで盛岡駅へ。一日、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!いつかまた「名刺の森」の生長の様子を見に来てくださいね。

 (右:当日のスタッフ)

最後に、お忙しい時期にも関わらず、準備ならびに当日の運営に多大なるご尽力をいただきました宮古市農林課・株式会社小林三之助商店・岩手県森林整備協同組合の皆さまに、この場をお借りして厚く御礼申しあげます。

★★★★★

植樹イベントの度に、新作イラスト付きのちらしで参加者を楽しませて下さる岩手県森林整備協同組合の舘野様。今回もSansan様のために、素敵なちらしを作ってくださいました(^^)

 

PT宮古 — admin @ 2018/07/02 05:50

Sansan様が「Present Tree in 宮古」で植樹イベントを開催されました

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

去る10月1日(日)クラウド名刺管理サービスを提供するSansan株式会社様が、「Present Tree in 宮古」で4回目となる植樹イベントを開催されました。

Sansan様には、「Scan for Trees」というお取組みを通じて、Present Tree をご支援いただいています。(「Scan for Trees」についてはコチラ

当日は絶好の晴天に恵まれ、社員の皆さまに加え、社員のお子様やお取引先様の計22名にご参加いただきました。会場では、岩手県森林整備協働組合/舘野様の渾身の作・ハロウィンのかぼちゃ達が、皆さまをお出迎えしてくれました!

用意した200本のミズナラの苗木を、あれよあれよという間に植え終えていただきました。参加者は毎回若い男子が多く、森しごとのプロも舌を巻くほどの技と速さです(^^;;

 

 

植栽地をあとにして、お待ちかねの昼食!今回も、新鮮なホタテや岩手牛のお肉などをBBQで堪能していただきました。そして、宮古の秋の味覚といえば「サンマ」!今年の初水揚げは、例年より3週間も遅く、今も量が確保できず身も小さいとのことですが、その貴重なサンマのつみれ汁をご用意いただきました。

 

 

昼食後は、間伐材のコースター作りに挑戦。好きな木を手のこで切って、紙やすりで表面を滑らかに整えます。最後は「Present Tree」の焼き印を押して完成。

 

 

これですべてのプログラムが終了。地元協働先の皆さまに見送られて、バスは盛岡へと向かいました。あ、メッセージの文字順間違いは、毎度毎度の仕込みネタです(^^;;

参加者の皆さま、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!

 

最後に、お忙しい時期にも関わらず、準備ならびに当日の運営にご協力いただいた宮古市農林課・株式会社小林三之助商店・岩手県森林整備協同組合の皆さまに、この場をお借りして厚く御礼申しあげます。

PT宮古 — admin @ 2017/10/03 02:23

【宮古市区界 トレッキング体験レポート】閉伊川源流沢登り&兜明神岳登山

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

2012年8月に「Present Tree in 宮古」をスタートしてから、早くもそろそろ5年。これまで20回近く区界高原を訪れているのですが、現地の名所「兜明神岳(1,005m)」は眺めるばかりで登ったことがありませんでした。

6月25日(日)のSansan様の植樹イベントの前日、ようやく長年の希望をかなえることができました!そして「Present Tree in 宮古」は、閉伊川の水源近くの森づくりで豊かな漁場を守る活動。是非、水源も見ておかねば!と源流沢登りにも挑戦!

 

 

植樹イベント開催時の自然観察会でお世話になっている森林ガイド・武内さん同行のもと、いざ区界高原ウォーキングセンターを出発!水源を目指して登っていくのですが、最初はふつうに沢沿いの「道」を悠々と歩いていたものの、途中から「道」なるものがなくなり、ごつごつした岩の上を滔々と水が流れる「沢」そのものを登っていきます。美しいコケや数種類の鳥たちの囀りにうっとりしながら余裕で進んでいったのですが、終盤は結構ハードでした(><)

武内さんによれば、前日に雨が降ったので水量は少なくはないとのことでした。ウォーキングセンターでは「長靴貸しましょうか?」とおっしゃっていただきましたが、この後「ロッククライミング」が控えているので、私はトレッキングシューズで滑らないように慎重に進んでいきました。

  

ようやく水源地(標高920m)に到着!ひと口ごっくん!美味しいお水でした。水温は7.5℃と冷たく、乾いた喉を潤すにはサイコー。

 

さてさて、次は5年越しの願い、兜明神岳の頂上を目指します!目的地は下の画像の「祠」のあるところ。あの急傾斜のロッククライミング、できるかな~。

すでに900m地点にいるので、あとは100mほど登るのみ。だんだん樹木が少なくなり、岩肌が見えてきました。

 

(自分としては)スパイダーマンになったつもりで、岩に張り付いて一歩ずつ上昇。なんとか頂上の「祠」に到着(実は2ヶ所あります)!自身が登頂した記録画像はないので、靴先を入れて下向きに撮影、このアングルかなり怖い...。でも、この山は「初級者向き」だそうです、え~っ。

 

 

 

当日は早池峰山はじめ、近隣の山々を見渡すことができました。そして、いつもは植栽地から兜明神岳を眺めていたのですが、やっと兜明神岳から植栽地を俯瞰することができました!

下の画像の赤枠部分が「Present Tree in 宮古」の植栽地。皆さまのご支援のおかげで、約3万本、面積にして約12ha分の植栽を終えることができました。こちらの画像では見えませんが、双眼鏡を通すと見出し杭までよく見えました。この放牧地跡が広葉樹の立派な森になり、この地を深々とした緑に染めていくと思うと、とても感慨深い気持ちになりました。

またいつか兜明神岳に登って、少し森に近づいた植栽地を眺めてみたいと思います。皆さまも機会があれば、是非ご体験くださいませ(^^)/

今回のコースは下記の通りです(所要時間:約3時間)。因みに、私は途中何度も撮影で立ち止まったため、3時間半以上かかりました。

PT宮古 — admin @ 2017/07/03 07:02

Sansan様が「Present Tree in 宮古」で植樹イベントを開催されました

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

クラウド名刺管理サービスを提供するSansan株式会社様が、去る6月25日(日)「Present Tree in 宮古」で3回目となる植樹イベントを開催されました。

Sansan様には、昨年から「Scan for Trees」というお取組みを通じて、Present Tree をご支援いただいています。(「Scan for Trees」についてはコチラ

当日朝の天気予報によると、午後から雨とのことでしたが、滞在中はずっと曇り空で作業には最適の天候でした。参加者は16名。今回は社員ご家族のお子様2名もいらっしゃいました。前日は、昨年秋同様宮古市内の早池峰山荘に宿泊、夕食・朝食ともに皆さま力を合わせて自炊され、すでにチームワークは完璧のようです。

 

植樹作業の前に、地元の食材をもりもり食べて宮古市を応援です!兜明神岳の登山や森林散策の拠点となる「区界高原ウォーキングセンター」で、地元産の魚介類・お肉・野菜のBBQをいただきました。

そして、鮎の炭火焼きまで!あれれっ、解禁は7月1日なのでは???安心してください、協働先の釣り名人による昨年の釣果です(^^;)))

 

 

お食事が終わって、植栽地に向かう前に、ちょっと川遊び。当日の朝、Sansan様の到着を前に、事務局スタッフが地元協働先の皆さまと一緒に、ウォーキングセンター内の沢でハコネサンショウウオ探しに挑戦していました。お子様を誘って川の生き物探しをするはずが、大人もぞくぞく参加!見事、ハコネサンショウウオの幼生(体長3~4cm)の採集に成功しました。(画像は、朝採集したもの)

※おまけ:2012年、東北地方北部(青森・秋田・岩手・宮城)に分布するハコネサンショウウオ個体群は、遺伝学的・形態学的な精査により「キタオウシュウサンショウウオ」して新種記載されたそうです。

 

さて、いよいよ本番です。植栽地入口から約20分登った標高1,035m地点が作業エリア。植える苗木はミズナラ200本。快進撃の素晴らしい働きで、準備していた200本をすべて植え終えていただきました!

皆さま、本当にお疲れ様でした!そして、ありがとうございました!

 

 

昨年秋に植えていただいた苗木たちは、背丈こそあまり伸びていませんでしたが根は確実に活着しており、これからの生長が楽しみです。プレートは装着済みです。

今回植えた苗木の生長も、是非見に来てくださいね。

 

最後に、お忙しい時期にも関わらず、準備ならびに当日の運営にご協力いただいた宮古市農林課・株式会社小林三之助商店・岩手県森林整備協同組合の皆さまに、この場をお借りして厚く御礼申しあげます。

<追記>

5月1日付けのブログでも紹介しましたが、事務局スタッフが4月25日に植栽地内でクマを目撃しました。今回クマには遭遇しませんでした(ホッ)が、200mほど離れたところに設置していたバカ棒(紅白の幅で20cmが測れる棒で、何故か森びとの間ではこう呼ばれています)がへし折られ、そこにはまだ新しいと思われるクマの体毛がついていました...。やはり、ヤツはこの辺りを縄張りにしているらしい。

PT宮古 — admin @ 2017/06/30 06:28

「Present Tree in 宮古」第5回植樹イベント開催報告!

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

6月4日(日)岩手県宮古市区界(くざかい)の「Present Tree in 宮古」で、第5回植樹イベントを開催しました。参加者数は、市内外から総勢約60名。

2012年10月に第1回目の植樹イベントを開催して以来、地元の皆様の多大なるご尽力のおかげで、毎年多くの参加者と共に開催することができ、今回で5回目を迎えられましたことを、心より感謝御礼申しあげます。なお大変名残惜しいのですが、今回が最後の開催となりました。

それには、嬉しい理由があります。事業としての実績としまして、これまでに約3万本、面積にして約12haの植樹が完了いたしました。多くの方々・企業様の温かいご支援により、お陰様で植樹可能面積すべてに植え終えることができました。植えた樹々は、地元協働者の皆様の手で、今後も植樹から10年間保育管理をしていただくことになっています。

さて、当日は生憎の雨。空に垂れ込める雨雲の動きを気にしつつ、まずは「区界高原ウォーキングセンター」内で開会式。

認定NPO法人環境リレーションズ研究所理事長 鈴木からの挨拶に続き、宮古市産業振興部長 山根様、株式会社小林三之助商店岩手工場長 田鎖様にご挨拶をいただきました。また、第1回目の植樹イベント開催でも応援いただいた、岩手県三陸北部森林管理署長 野藤様、宮古農林振興センター林務室長 西島様からも温かいメッセージをいただきました。

    

(↑ 左から、鈴木、山根様、田鎖様、野藤様、西島様)

岩手県森林整備協同組合 館野様からは、お得意のイラストの入った、2012年から6年間の総まとめ「Remember Present Tree in Miyako」と「Welcome to Present Tree in Miyako」の資料を使って、区界での森づくりにまつわるお話しをしていただきました。※資料はこちらからご覧いただけます♪♪♪

  

さて、植樹作業の前にしっかり腹ごしらえ。出来立て熱々の豚汁に、今が旬、地元産の山菜のおひたしをいただきました。

  

 

エネルギーチャージをした後は、バスで植栽地へ移動!入口から植樹会場まで、徒歩で約20分。気温計は、なんと7℃を指していました(*_*;

 

植樹会場に着いたら、植え方の説明。標高1,035mのこちらに植えるのは、ブナとミズナラの2種類。

 

そして、ここからが本番!「雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ」、参加者の皆さまは一所懸命に苗木を植えてくださいました。森のプロ曰く、このエリアは土の状態が非常によろしいとのことで、植えられた苗木も活き活きと喜んでいるように見えました(^o^)/

 

 

 

 

体温低下が気になるので、植樹作業を少し早めに切り上げて、植栽地をあとにしました。そして、プログラム通りガイド付き自然観察会に参加する組と、ウォーキングセンターに戻って休憩する組とに分かれました。

自然観察組は19名。雨と霧でかすむ幻想的な広葉樹の森を、ガイドさんの説明を聞きながら進んでいきました。途中で閉伊川の水源のひとつである「かぶと清水」に寄り、美味しいお水をひと口ゴクリ。偶然見つけたハルセミは、あまりの寒さに放心(?)状態で、鳴くどころか微動だにしませんでした(笑)

 

 

水も滴る可憐な白い花。マイヅルソウや日本スズランの群生もありました。

 

一方、ウォーキングセンター内では、地元で採取された草本の押し花をつかってコースター作りを楽しんでいました。

 

自然観察組がウォーキングセンターに到着した後、閉会式。3班の植樹作業班のリーダーさんたちから、参加者の皆さまに植林証明書が手渡されました。一緒に作業した仲間で、1本のPresent Treeの共同里親さんになっていただきましたv(^^)v

最後に、植樹イベントの準備から当日の運営、今後10年間の保育管理をして下さる地元協働者の皆さまに感謝の想いを込めた、盛大な拍手をもってお開きに。

参加者の皆さま、地元の協働者の皆さま、悪天候にも関わらず最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました!

第1回目から最終回の今回までの様々なシーンが思い起こされ、事務局にとって大変感慨深い一日となりました。苗木が結んでくれた宮古市とのご縁は、これからも続きます。植樹以外でも都市部と地元の皆さまが交流できる機会を提供させていただきたいと思いますので、引き続き「Present Tree in 宮古」の応援をどうぞよろしくお願い申しあげます!

 

<ご参加いただいた企業:エースホーム株式会社様、サンパワージャパン株式会社様>

PT宮古 — admin @ 2017/06/05 01:50

ついにクマ目撃!@Present Tree in 宮古

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

4月25日(火)「Present Tree in 宮古」植樹イベント(6月4日開催予定)の打合せのために、岩手県宮古市に行ってきました。

今年は雪解けが早いということで、4月中にも関わらず、岩手県内でも豪雪地帯とされる区界にある植栽地に入ることができました。

日陰になる箇所には若干雪が残っていましたが、ほとんど枯れ野原のような光景が広がっていました。お天気には恵まれ、遠くに早池峰山の雄大な姿をのぞむことができました。森のプロたちの勇ましい姿をパシャリ♪

 

その早池峰山の姿にうっとりしていると...、遠くにクマが猛ダッシュする姿を発見!合成写真にすると、下の画像の通り。昨年10月23日に実施した、Sansan株式会社様の植樹イベント時の画像に合わせると、臨場感がありますね。

これまで看板に残る爪痕や体毛により、現地にクマが入っていることは確信していたのですが、実際に目撃することになるとは、嬉しくもあり恐ろしくもあり...(汗)

皆さまが現地にお越しになる際には、地元の山の達人たちが安全を確保しますのでご安心下さい。

PT宮古 — admin @ 2017/05/01 12:00

Sansan様が「Present Tree in 宮古」で植樹イベントを開催されました

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

ユニークなTVコマーシャルで有名な、クラウド名刺管理サービスを提供するSansan株式会社様が、去る10月23日(日)「Present Tree in 宮古」で植樹イベントを開催されました。

(Sansan様とPresent Treeのコラボレーションについてはコチラ

参加者は17名。20代の若い社員様が中心です。前日は、宮古市内の早池峰山荘に貸切で泊まられたとのことで、アウトドアライフを満喫されたようです。

DSC_0584

台風10号の被害の影響で10月16日(日)の植樹イベントは中止とさせていただきましたが、Present Tree支援企業様の来訪を歓迎したいという温かいお言葉に甘え、宮古市はじめ地元協働先様のご協力をいただきました。

植樹作業の前に、地元の食材を食べて宮古市を応援!植栽地近くの「区界高原ウォーキングセンター」のキャンプ&BBQ施設で、地元産の魚介類・牛肉・野菜の炭焼きをランチに。宮古のソウルフード「サンマのつみれ汁」は、協働者様に調理いただきました。

IMG_8753  IMG_8756

a  IMG_8774 - コピー

さて、エネルギーをチャージしたところで、いよいよ植樹作業です。準備した苗木は200本。唐鍬で丁寧に土を掘り起こす作業はかなり大変なのですが、指導者の皆さまも「筋が良い!」と大絶賛される程、参加者の皆さまの作業は完璧!ほぼほぼ全部の苗木を植えきって下さいました。本当にお疲れ様でした! 

IMG_8808 - コピー  IMG_8830 - コピー

IMG_8837 - コピー  IMG_8866 - コピー

Sansan様の植栽エリアは、標高1,035m地点。兜明神岳(1,005m)の高さを超えています。よって、この標高と寒冷な気候に強いブナとミズナラの2種類を植えました。

IMG_8852 - コピー

IMG_8862

まだまだ台風被害に係る処理でご多用の折、ご尽力いただいた宮古市・株式会社小林三之助商店・岩手県森林整備協同組合の皆さまに、この場をお借りして厚く御礼申しあげます。 

PT宮古 — admin @ 2016/10/31 12:03

「Present Tree in 宮古」第5回植樹イベント中止のご案内

いつもプレゼントツリーをご支援いただき、誠にありがとうございます。

台風10号による豪雨と土石流のため、宮古市の一部地域では甚大な被害を受けられました。

幸い「Present Tree in 宮古」植栽地ならびに周辺地域に被害はありませんでしたが、時局に鑑み、10月16日(日)に開催を予定しておりました第5回植樹イベントを中止とさせていただきます。

すでに参加お申込みをいただいている皆さま、ご参加を検討されていた皆さまには誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申しあげます。

なお、当イベントは来年6月に開催させていただく予定です。

宮古市の被害状況、植栽地の様子につきましては、下記ブログをご覧ください。

被害状況について

植栽地の様子について

PT宮古 — admin @ 2016/09/16 06:39

「Present Tree in 宮古」植栽地の視察報告

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

台風10号の被害状況に続き、「Present Tree in 宮古」植栽地の視察結果についてご報告申しあげます。

植栽地の位置する区界(くざかい)エリアでは、幸いなことに、台風による豪雨や土石流の被害はありませんでした。同じ宮古市内でも、ある地点を境にこのような違いがあるのには本当に驚きます。

2012~2015年度に植栽したそれぞれのエリア、各企業様の単独植栽エリアともに、例年どおりの初秋の様相でした。台風上陸の前週までに降っていた大雨の影響で、一番標高の高い2015年の植栽エリアの下刈り作業が延び延びになっていたため、同日は作業員の皆様が刈払い機で作業をされていました。

RIMG4571 (植栽地メイン看板)

★2012年度植栽エリア

2012 2012B

★ 2013年度植栽エリア

2013 2013B

 ★2014年度植栽エリア

2014B 2014

 ★2015年度植栽エリア

2015 2015B

★標高1,000m超えの植栽地からのぞむ早池峰山と兜明神岳

IMG_7886 IMG_7891

 ガマズミ等の実が赤くなり始めると、本格的な秋の到来も近くなります。

IMG_7946 IMG_7985

10月16日の植樹イベントを中止とさせていただいたため、今年は現地の錦秋を楽しんでいただけないのが残念ですが、追って画像等でご紹介する予定です。どうぞお楽しみに。  

PT宮古 — admin @ 2016/09/16 05:38

【視察報告】宮古市 台風10号による被害状況

 こんにちは、プレゼントツリー事務局です

9月15日(木)、台風10号の上陸から2週間が経過し、少し落ち着いてお話を伺える状況となられたようでしたので、被害状況の視察ならびに現地協働先様へのご挨拶のため、宮古市を訪れました。

はじめに「Present Tree in 宮古」植栽地に関しましては、現地に向かう林道も含めて、台風のよる被害はまったくありませんでした。支援者の皆様には大変ご心配をお掛けしておりましたが、ここに無事であったことをご報告申しあげます。詳細は、この後のブログをご覧ください。

台風による被害が甚大だったのは、盛岡市と宮古市を結ぶ幹線道路「国道106号線」の中間地点にある「川井地区」を境にして宮古側でした。106号線に沿って流れる閉伊川(へいがわ)が上述エリアで決壊し、橋の崩落もありました。大量の土石流が樹木を根こそぎなぎ倒しながら閉伊川に流れ込み、濁流となって法面からあふれ出しました。

市の職員の皆様は事態の収拾に奔走されていたこと、「国道106号線」は9月12日まで通行止め箇所があり、宮古側から植栽地のある地域までアクセスできなかったこと等から、15日当日まで植栽地の様子はわからない状態でした。ただ、植栽地は被災地域外に位置していますので、心配はないだろうとの事前情報はいただいておりました。宮古市におかれましては市民の皆様の生活に関わるお仕事が最優先だと考えておりましたので、まずは自分たちの目で現地確認することにした次第です。当日は、岩手県森林整備協同組合の方に同行をお願いしました。

一方、現地協働先である宮古市農林課と株式会社小林三之助商店のある宮古市茂市(もいち)地区では甚大な被害がありました。Present Tree支援者の皆様にも現状を知っていただきたく、この場をお借りしてご報告させていただきます。 

宮古市の被害に関する報道では、主に駅周辺の冠水の様子が伝えられていましたので、茂市や川井といった地区の情報はほとんど入手できませんでした。

そして、実際に現地に向かう途上、その被害状況の凄まじさには只々驚くばかりでした。国道を走行中、その傷跡を至るところで見ることとなりました。

1 2

普段は美しい清流の閉伊川は、 台風から2週間経った今でも、土石流被害と山林から流れこむ大量の水によって濁流状態が続いています。川沿いの流木の量にも唖然とします。

3

 濁流にのみ込まれた自動車を、数ヶ所で目撃しました。

4 5

 川の決壊により崩落した橋です。

 6

次の画像上左が宮古市新里(にいざと)総合事務所で、農林課の皆様の職場です。こちらのすぐ近くの橋が崩落していました。

山林の中で作業用重機が泥に埋まり、未だに運び下ろせない現場も少なくないようです。国道106号線沿いの山林を見る限りでは、山は崩落していないようでしたが、脇に入ったところでは林道そのものが消失して川のようになってしまっている箇所もあるのだとか。農林課の皆様は、まだまだ現地調査すべきところがあり、気の休まるときがないようです。

9月10月に予定していた市主催の間伐体験イベントはじめ各種イベントは、すべて中止となりました。これに伴い、10月16日(日)に予定していた「Present Tree in 宮古」第5回植樹イベントにつきましても中止とさせていただき、来年6月に延期することといたします。皆様には、何卒ご理解賜りますようお願い申しあげます。

9 7 

8

新里総合事務所を後に、「Present Tree in 宮古」で10年間の保育管理を担って下さる株式会社小林三之助商店の岩手工場をお訪ねしました。

製材加工等もされているこちらの工場では、敷地にあった木材の約3割が流されたとのことで、被害は甚大なものです。大量の泥が積もって機械類までも覆い尽くし、社員一丸になってもその処理に2週間も要したそうです。あと1時間長く雨が降っていたら工場ごと流されたかもしれない、と不安でいたたまれなかったほど、尋常ではない川の暴れようだったそうです。工場に平常の稼働が戻りますよう、願ってやみません。

IMG_8015 IMG_8018

さて、認定NPO法人環境リレーションズ研究所では、宮古市への義援金を持参し、農林課を通しておおさめさせていただきました。宮古市の皆様に一日も早く通常の生活が戻りますよう、スタッフ一同、心より復興をお祈り申しあげます。

なお、宮古市のHPには、義援金の受付についてのご案内があります。詳しくはこちらをご覧ください。

PT宮古 — admin @ 2016/09/16 03:57